2009年08月27日

思い起こせば。。。

 毎度お世話になっております、メキシコ・バカ一代です。今日ちょっと近所の大型ショッピングセンターに行ったんやけど、なんかもうハロウィンの飾り付けやらカボチャのろうそくなど、大きく場所を割いて売られていました。もうハロウィンか〜って思ったんやけど、ちょっと早いような。そんでハロウィンの飾り付けがかたずけられる頃にはもうクリスマス。一年経つんはほんま早いもんやね。


 え〜時が経つんが早いってので思い出したんやけど、今日久々にトルタ(メキシコ的なサンドイッチ)を買ったんよね。ミラネサ(ビール瓶とかで叩きまくって薄くしたカツ)とハム、チーズの3種盛りで25ペソ(約180円)。。。いや〜今や25ペソなんよね〜


 思い起こせば、初めてメキシコに来た時はだいたい12、3ペソで食べられてたんやけど、今や25ペソ。ま〜おそらく日本円に換算すると今もその当時もほぼ同じくらいの値段と思おうけど、ペソで考えると高くなったもんやよ。


 その辺の食堂でも昔は20ペソくらいで昼の定食とか食べられたんやけど、今は40ペソはするもんね。初めて来た時と今も変わらへんもんなんか地下鉄のチケット(2ペソ)くらいやよね。


 しかしま〜値段は上がっても、今も昔もトルタのボリュームは変わらずで。これ一個食べて飲みもん飲んだら、なかなかの満腹。このボリュームがあってこそ、トルタやよ。
torta.JPG
 
 
posted by shin at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

10%

 毎度お世話になっております。最近昼間はすっかりポカポカ陽気になったここメキシコシティーからお送りしておりますメキバカであります。一昨日、メル・ギブソンが監督したマヤ時代を描いた映画『Apocalypto』を見てきました。心臓を抜いたり、殺しあったりするところがえげつないな〜って感じやったけど、最後まで手に汗握る感じで楽しめたかな。ちなみに去年ず〜っとベラクルス州で撮影しててんよねこの映画は。


 え〜ついさっきのことやねんけど、ちょっと友達と食事してきてんよね。夕食に。よく行くメキシコシティーのおしゃれスポット、コンデサにあるとあるカフェで。


 ま〜いつもと同じもんを注文して、楽しくやっててんけど、途中で2階から降りて来るグループがあって、俺の席の真後ろを通って、外に出て行ったんよね。俺はそんなんにたいして気を止めずにちょっと後ろ振り向いただけで、すぐに食事を続けてんけど、向かいの女の子と友達が目を丸くして、


 「今、ガエル・ガルシアが通った。」って言ったんよね。え〜って感じでもう一回振り向いた時には一緒に来てた連れの友達の後ろ姿しか見えへんかってんけど、確かにガエルやってんてさ。俺は直接見たわけちゃうねんけど、そうらしい。ニアミスやね。


 今やメキシコどころか世界でも認知される様になったガエルやねんけど、久しぶりにメキシコに帰ってきたんかな〜?そういや、昼間のテレビにインタビューで出てたから、プロモーションかなんかで帰ってきてるんかもね。


 え〜ま〜そんなことで、ちょっとガエルは置いといてですね、今日のお題はその後のこと。。。実際にはガエルを背中に感じてへんねんけど、感じたつもりになって揚々と食事を済ませ、さ〜お会計。


 ウエイターが持ってきた請求書は3人で締めて189ペソ(約2000円)なり。ま〜コンデサで食べたら、特に高い値段でもなんでもなく、すぐに支払ってんけど、問題はその後にあってんよね。


 おつりを受け取り、チップを適当に出してんけど、そこでウエイターが一言、「私のサービスに何かご不満がありましたか??」と。。。こっちとしては、彼のサービスには全く不満も無く、余ったサンドイッチをわざわざパック詰めしてくれたりと、むしろ満足してたくらいやのに、なぜかそんな一言。


 で、よ〜く見てみると、チップが少なかったみたなんよね。ウエイターが俺らの目の前で数えたら14ペソ。確かに若干少ないが、その場で適当な小銭がなかったから、14ペソだけを置いたんよね。


 ここメキシコでは基本的にレストランはもちろん、食堂とか小さなカフェとかでも会計後だいたい支払の10%くらいのチップを置く習慣があるんよね(立ち食いの屋台はさすがに置かんけど)。


 最初メキシコ来た時は若干抵抗があったけど、今は慣れたというか、普通にどこで食事しても置くこの10%のチップ。今回は189ペソの支払に対して10%やからだいたい18、19ペソをま〜置かなあかんかってんやろうけど。。。


 その誤差4ペソ(約44円)で、ウエイターが逆に俺らに不満をもらしてきてんよね。こっちとしては特に俺らのテーブルを担当してたウエイターに不満があって、チップをケチったわけじゃなかってんけど、ウエイターはちゃんとチップを置けとばかりに、何が不満やってんって言いよって来るばかりで。


 最終的には店のチーフみたいな人が出てきて、解決はしてんけど、チップをもっと置けって言われることはほんまに珍しい。普通はあり得んことやよ。以前に夜中のタコス屋で深夜やからもうちょっと上乗せしてって言われたことあるけど、こんなに言いよって来るんは初めて。


 そうなんよね。たかが4ペソ(約44円)されど4ペソ、ウエイターに取っては結構大きいんです、ここメキシコでは。日本やったらチップって習慣自体がかなり薄いけど、メキシコではチップを収入の大部分にしている人らがたくさんいる。


 そもそもカフェとかで働いてる人らの給料ってのがかなり安いんよね。時給でだいたい15ペソ〜25ペソ(約165円〜275円)くらいって感じちゃうかな??なんで、チップは大きな収入源。担当したテーブルの分をそままもらうとか、みんなで集めて従業員の人数割りとか様々な方法で給料のプラスにしてるんよね。


 もちろんそんなことは知ってるから、よっぽどひどいサービスがあった以外は俺もちゃんと10%は置いてるし、ウエイターやウエイトレスにちょっと気を使ってもらったな〜って場合は10%以上置く場合もある。


 チップって昔は気持ちかなって思っててんけど、ここメキシコに来ると、かなり義務に近い部分になってるんよね。ちょっと高い所で何人もの人で食事をしたりすると、チップだけで300ペソ(約3300円)とかなることもたまにあって、すごいな〜って思うんよね。絶対バイトするんやったらカフェとかよりも単価の高い店やなって考えてしまったり。。。


 ま〜チップが働いてる人らの生活を支えてるってのはよくわかるんやけど、そのチップでもめたりするんはやっぱり後味が悪いね。せっかくの楽しい食事も台無しやし、ちょっと参るわな。。。

 
 ちなみに、スーパーのレジで袋に詰めてくれる子らに払うチップっていっつも迷うんよね。だいたい1ペソしか渡さへんねんけど、どうなんやろかな?子どもにこいつケチやな〜とか思われてなかったらええねんけど。。。

 
posted by shin at 14:34| Comment(4) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

メキシコシティー自転車ライフ

 毎度お世話になっております。月曜から小中高校も再開し、完全に新年のうかれた心も吹き飛び、2007年を猛烈に突っ走っておりますメキバカ編集部であります。一応、お餅だけはいただいたものがあったので、焼いてみたり。ちょっと正月気分。


 え〜そう、今週の月曜日から学校が始まったんよね。近所にも高校があって、校門の前は朝も昼も賑わっておりますが、ほんまにメキシコの子どもらはええね。


 ええよ〜。なんでかって言うと、去る12月25日はクリスマス。子ども達は靴下を用意したかどうかは知りませんが、サンタクロースからプレゼントをもらい、朝から一喜一憂したこと間違い無し。ま〜その辺は日本でも同じといったところやね。


 しかしながら、1月6日にも子ども達にプレゼントを持って来る人々が。。。そう、6日は日本じゃぜんぜん馴染みのないdia de los Reyes Magos。日本語で言う東方の三博士の日やったんよね。


 東方の三博士ってのも、おもちゃやら文房具を子ども達にもって来るんよね。ってことで、子ども達は2週間あまりで2回もプレゼントをもらう機会があるんよね〜。ほんまに羨ましい限りです。。。ま〜日本にはお年玉ってのがあるか。。。


 ま〜とにかく、子どもを羨ましがるメキバカ編集部にはサンタクロースも東方の三博士ってのも全く来る気配すらなかったんですが、先月、友人からとあるモノをいただきました。


 当ブログにも何度か書いててんけど、ついに夢かなったというか。。。それはそれは自転車。そうなんよ、チャリンコをいただいたんよね。もう10年近く乗ってないというマウンテンバイク。


 頂いた時はタイヤも両方パンクしてたり、ギアも傷んでてホコリだらけやってんけど、自転車屋に持ってって修理して乗れる様にしてもらってんよね。


 そう、これで今まで憧れてたメキシコシティー自転車ライフができるようになったんよ。ちょっくら買い物に、ちょいと友達の家へ。ほんまに自転車があったらほんまに楽チン。。。やねんけど、やっぱし問題が。。。


 やっぱメキシコシティー、ほんまに車優先社会やから、自転車は肩身が狭い狭い。。。というか、かなり危ない。基本的にメキシコの自転車って日本みたいに歩道とか走らず、車道を走るんよね。やからほんまに注意して乗らな、車にはねられるの目に見えてるんよね。


 でも、ま〜幸いにも今住んでるとこが外国人が多く住むローマやコンデサの隣やから、家の近所はメキシコシティーの中でもかなり自転車文化が進んでるんよね。至る所で通勤に、運動がてら、犬の散歩にと自転車を乗る人をよー見る。

 
 他の地区に行っても自転車乗ってるんはガラフォン(水)売りとか包丁研ぎ屋くらいやもんね。そう思うと、かなりローマ、コンデサ地区は自転車乗りが特出しております。


 そして、そんな影響もあってか、最近ローマなんかを中心に自転車専用ロードの新装、拡張が目立ってきてるんよね(写真をクリック!!)。ま〜専用というか、車道にペンキを塗ってるだけやねんけど、あるのとないのではやっぱり気分が違う。

 
 こんだけみんながみんな車乗り回したりして、排気ガスが問題になってるメキシコシティーやねんから、もっと自転車乗り易いように更なる普及に努めて欲しいもんやね。



 あと、もっと自転車置くスペースを設けて欲しいかな。最近じゃ小じゃれたカフェとかに駐輪スペースがあるんやけど、普通のスーパーとかにも欲しいかな。あっ、ちなみに、たま〜にしか見ーひんねんけど、日曜日は地下鉄にチャリンコも持ち込むことができるんよね(余談)。


 兎に角、取り合えずはというか、ず〜っとやろうけど、自転車乗るんは安全&緑も多いローマやコンデサだけにしときますわ。


 自転車に乗ってたら、またちゃうメキシコシティーも発見することができるかな〜???
 
jitensha1.JPGjitennsha2.JPGjitennsha3.JPGjitennsah4.JPG
posted by shin at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

マイGUIA ROJI

毎度お世話になっております。先月末にサマータイムが終わってからら6時過ぎにはだいぶ空が暗くなるメキシコシティーよりお送りしております、メキバカです。いや〜ほんまに雨が終わへんねんよね。もう雨期も終わったんちゃうかって頃やのに、連日雨。昨日なんか前が真っ白になるくらいの大雨やったもん。まだまだ折り畳み傘が必需品やね。。。


 え〜メキシコシティーに暮らし始めてもうそこそこに時間が経つんやけど、やっぱしまだまだ行ったことない場所やら通りってのは結構あんねんよね(もちろんな話やけど)。確かに、自分の行動範囲はもう隅々まで知り尽くしてきた感じもあんねんけど、いきなりどこどこに行ってくれって言われたらちょっと困る。


 そんなときに重宝すんのが、GUIA ROJI。これ、簡単に言うとメキシコシティーの地図帳。メキシコシティーを歩き回るのはもちろん、車で走るのにもなくてはならんものであります(写真をクリック)。


 で、今までは自分のGUIA ROJIってのを持ってなかって、いっつも人のを見せてもらったり、ネットで検索とかしててんよね。でも、サッと場所を確認したいときなんかは何かと不便。。。ということで、ちょっと前にふと思いつき、マイGUIA ROJIを買ってんよね。マイGUIA ROJI。


 2007年版と題された最新のGUIA ROJI。いくつかサイズがあるなかで、これやったら持ち歩くこともできるやろうってことで、縦長のタイプを購入。価格は215ペソ(約2300円)。微妙に高く思えたけど、これから長々とお世話になりそうやから、ま〜しょうがない。


 以前、友達が持ってた1996年版のGUIA ROJIは確か110ペソやったような。10年で倍の値段になってんねんよね。。。でも、さすが10年前の地図とだけあって、新しいものと比べると今は開通してる地下鉄のラインがまだ工事中になってたり、セグンドピソなんかももちろん表記されてない(その頃は計画もなかったやろね)。


 ま〜そんなことは置いといて、このGUAI ROJI、実に便利なんよね。だいたいメキシコシティーの街にある通りってのはどんなに小さな路地でも名前が付いてある(人名から国の名前、世界の都市の名前などなど。TokyoとかFujiyamaなんってのもあったり)ってことで、GUIA ROJIの検索ページで見たい通り名を探すだけ。結構同じ名前の通りなんかも複数あったりするんやけど、colonia(日本で言う区かな)さえ分かれば、すぐにどれか見つけだせる。


 初めて行く家とか場所なんかも、通り名、通り番号、coloniaを聞いておけば、ほんまに簡単に検索可能。あとは、そこに向かって出発するだけ。まさにGUIA ROJIこそメキシコシティーで生活するための3種の神器(あとは友達といいかげんさかな。。。)であります。


 こんな便利なGUIA ROJI、ま〜ちょっとお願いすることができるんやったら、メトロバスの路線もどっかに表記してほしかったな〜 
guia roji.JPGguia roji2.JPG
posted by shin at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

長い長いキャンプ

毎度お世話になっております。今日は珍しく雨降りの朝を迎えたここメキシコシティー。アパートの前はまだ先日の冠水の残して行った泥やゴミが溜まってるんよね。いつも、上のおばちゃんが掃除してくれてて、ほんまにありがたいです。


 え〜当たり前やけど、もう8月です。日本やったら夏休みといったとこでしょうか?せやね?で、夏休みと言えば、キャンプやねんけど、家のアパートの近くにも大きなキャンプが突如出現してんよね。。。


 家の裏の大通りと言えば、レフォルマ通り。メキシコシティーの目抜き通りであり、オフィスビルが並ぶ商業地域。山もなけりゃ、川もない。そんなとこでなんでキャンプしてるんかと言いますと、それはそれは先月行われた大統領選挙の票の数え直しを求める抗議なんよね。


 このキャンプ、めちゃくちゃ大規模。出発点はソカロからマデロ通りを通って、アラメダ公園の横を通り、レフォルマ通りをが〜っと進んで国立人類学博物館まで(自分で見たのはそこまで)。ま〜距離にしたら5、6Kmといったところかな。


 しかも、歩道なんかでテント張ってるわけじゃなく、ほんまに道路の真ん中。当たり前やけど、車は一台も通れへん。ほんまに道を封鎖してるわけ。この長い長い道路封鎖は前の日曜日から始まって、終わる日は今のところ未定。。。9月くらいまで続くんちゃうかって言われてるぐらい。ほんまに夏休みを通り越すキャンプになりそうなんよね。


 もちろん票の数え直しを求めてキャンプしてるんは、AMLOことロペス・オブラドールのシンパ達。史上まれに見る僅差で敗北?(一応まだはっきりとは大統領は決まってない)して、その中で不正があったってことで抗議してるんやけど、大通りを封鎖してるから周囲はほんまに大混乱。


 レフォルマが通れへんってことで、車は他の道を通らなあかんし、バスも他のルートを走ってるんよね。もちろんオフィスビル立ち並ぶレフォルマは朝からビジネスマン達が徒歩で出勤。(それに目を付けた人が原付きバイクにビジネスマンを乗せ、路側を送るサービスをしてたり。。。ほんまに商魂たくましいです。。。)


 で、で、やね、本題やねんけど、そのキャンプをちょっと覗いてきたんよね。テレビでも連日報道されてるんやけど、何してるんやろかとやじ馬根性丸出しでちょっとレフォルマ通りを歩いてみた。。。


 最初はトーレマジョールくらいから歩いてみてんけど、大きなテントというか、ビニールシートの屋根がいくつか点在して、その下に個人用のテントを張ったりして、人が居座ってるんよね。


 ま〜普段のレフォルマ通りは昼夜問わず車の行きかいが激しく、渋滞してて、道路の真ん中を堂々と歩くことが不可能なだけにちょっと不思議な感じやったよね。しかも、いい大人達が道路でサッカーしてたり、のんびりとした音楽かけて、椅子に座りながらみんなで談笑してて、想像以上にまったりとした占拠のご様子。


 途中、炊き出しとかバーベキューみたいなことしてたりで、ほんまにキャンプっぽい。。。いい匂いにちょっと誘惑されながら歩いてると、アーティストがオブラドール関連のオブジェを作ってたり、路上アートに励んでいたりと、歩いてて結構楽しめる。


 そんなまったり路上占拠を見ながら、たらたら歩いて行くと、レフォルマ通りが終わり、アラメダ公園付近へ。この辺から何やら気合いを感じる政治色の強い垂れ幕が増え、キャンプも本格的に。。。


 それもそのはず、レフォルマ通りを占拠してるのはメキシコシティーに住む支持者達で、各地域ごとの支援グループがテントを構えてるんよね。でも、ソカロ並びに、旧市街の人々は主に地方から遠路遥々来た人々がキャンプしてるから、気合いが入ってるんよね。やから、レフォルマのシンパ達はセントロ周辺の人らに比べるとだいぶゆるめ(俺の見た目)。。。


 そんなことを感じながら、デモの集団をくぐり抜け周りを見渡すと、なんと、フェリア(移動遊園地)があって、メリーゴーランドやミニコースター、フットサルコートなんかで子ども達が遊んでるんよね。ここがほんまにデモのキャンプ地かって言うほど、楽し気。。。ミッキーマウスなんかもいたり。。。


 それに、これだけ大規模なキャンプやし、生活インフラも十分でないながらも整ってるんよね。仮設トイレや貯水タンク。また、大人も時間を潰せるようにか、チェスコーナーやオブラドールのドキュメンタリー映画上映会などなど。もちろん署名コーナー(ガイジンが署名して意味あんのかわからんけど、俺も署名)もあります。


 俺も、次は何があるんか不謹慎ながらわくわくしながら進んでてんよね。さすがに、炊き出しに並ぶのはどうかと思ったけど、なぜかあった無料ポップコーンコーナー(映画上映のため??)には並ぼうか迷ったり。。。


 あと、地方から来た人々が滞在費用を捻出するためか、特産品や民芸品を売ってたり、もちろんオブラドールグッズの販売ありと。。。まさにこれはオブラドール祭りといったところか。しっかし、オブラドールTシャツ買いたかったな〜 着る場所ないやろうけど。。。


 そんなこんな、あれやこれやと見てるうちに、気が付けばソカロに。実際1時間以上歩いたのに、そんなこと気が付かんくらいの抗議キャンプ。というか、ある意味歩行者天国状態。


 で、そのソカロ、普段は大きな広場やねんけど、多くの地方出身者達が寝泊まりしてて、ほんまにデモの一大拠点。いたるところから炊き出しの湯気が上がり、簡易の病院なんかもある。もちろん、言い出しっぺのオブラドールもソカロで寝泊まりしてるらしいが。。。


 あんな場所に2、3日泊まり込むのはいけるかもしれんけど、雨期のメキシコシティーは朝晩冷える冷える。それに、この前みたいに票ならぬ、雹が降ったりしたら、たいへんやで。見渡すとお年寄りや子どもも結構いる。地方から来たから、簡単には帰ることもできんし、かなり過酷やで。


 しっかし、この抗議はいつまで続くんやろか。投票された3800万票(やったっけ??)をもう一回数え直すんはめちゃくちゃ骨の折れる作業やで。しかも、もしそれで結果がひっくり返ったりしたら、さらに混迷しそう。。。やっぱり数え直しは現実的じゃないわな。。。


 ほんまにレフォルマ通りとかで勤めてる人とかもそうやけど、レストランとか商売してる人も大変やわな。商売上がったりらしいもん。占拠で混乱が長く続けば、支持者からも不満が上がってきそうやし、これからどうなるんやろね〜???
 

1.JPGレフォルマ2.JPGレフォルマ3.JPGレフォルマ4.JPGアラメダ1.JPGアラメダ2.JPGアラメダ3.JPGアラメダ4.JPGソカロ1.JPGソカロ2.JPG
posted by shin at 06:29| Comment(4) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

MEXICO CITY MONTHLY

 毎度お世話になっております。昨日でセマナ・サンタ(イースター)が終わったここメキシコシティーです。だいたいは4連休ってことで、人々は各地にバカンスなんかに行ったみたいですが、編集部はここチランゴランディア(メキシコシティー)で過ごしました。。。


 え〜先日、あるフリーペーパーをもらい、なかなか気に入っております。その名もMEXICO CITY MONTHLY。。。メキシコシティーのあれこれを書いたこのフリーペーパー、なかなか面白い視点で作られてます。


 ここメキシコシティーでは街を見渡せば、かなりの数のフリーペーパーが出回ってるんよね。だいたいが美術館やらカフェ、服屋なんかでもらえるんやけど、どれも個性があってなかなか面白いです。


 で、このMEXICO CITY MONTHLYは俺がメキシコシティーで一番縁がないと言ってもええ場所、ポランコのマサリク通り(高級ブランドが軒を列ねる通り)にあるAmerican Apparel(日本にもあるよな〜?)でもらってんよね。


 記事はスペイン語と英語で書かれてるねんけど、知らんことがいっぱい載ってる。特に、メキシコシティー内の地域特集は小さな店やめちゃくちゃ地元なレストランといったマニアックな情報でかなり勉強になります。それに、掲載されてる写真やイラストもなかなか面白いんよね。


 例えば、3月号の「CARA A CARA」のコーナーでは、メキシコシティーのタクシー運転手とニューヨークのタクシー運転手を国際電話で結んで対談させるって企画があって、けっこう笑える話があったり。


 イエローページ欄には、なぜかメキシコ的スラングと英語を対訳させてるミニコーナーがあったりと。ま〜配付してる場所がアメリカのブランドだけに、全体的にアメリカ人を意識してるような作りやけど、クラブ情報やイベント情報もあったりするんで、かなり重宝しそうなフリーペーパーやね。

P1010666.JPGP1010675.JPGP1010671.JPGP1010672.JPGP1010677.JPGP1010678.JPG
posted by shin at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

満開です。

 毎度お世話になっております。いきなり雷を伴った大雨が降ったりして、季節の変わり目のここメキシコシティーです。しっかし、最近全く更新できてへんかった。。。ほんまにメキバカファンには申し訳ないです。別にめちゃくちゃ忙しいってわけちゃうねんけど、自分でなんかもたついてる感じで。。。

 
 え〜ちょっと前のネタの冒頭でハカランダが咲いて来たって書いたと思うねんけど、今やほんまに満開です。街中で咲き乱れてます。はい。


 Jacaranda(こっちではハカランダって読むねんけど、日本やったらジャカランダ)は南米原産の紫色の花が美しい木やねんよね。だいたい3月〜5月くらいまで咲いてると思う(たぶん)。


 このハカランダ、この時期メキシコの街中ではほんまにいたるところで見ることができる。もちろん我が家の前の通りでも紫色した花が満開やし、数日前にちょこっと行ったメキシコ第2の都市、グアダラハラでも咲き乱れてたしね。


 で、このハカランダ、色は違えどなんか日本の桜みたいやねんよね。ほんまにハカランダの下でビールやら弁当広げてお花見でもしたくなるもん。ちなみに、日本ではどのへんまで桜の開花が来てるんかな?


 とにかく、カラフルな家や建物に負けへんくらい鮮やかなハカランダの花が道に落ちて紫色のじゅうたんを作ってるのもまたええもんやね。写真貼っときますよって、日本とはまた違うお花見を楽しんでみてください。



ハカランダ1.JPGハカランダ2.JPGハカランダ3.JPG
posted by shin at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

これがメキシコシティーなんよ

 毎度お世話になっております。もうなんやかんや言って、このメキバカを開店させてから約10か月。早いもんやね。で、俺はこのブログを始めて一度もやってことがないことが一つあるんよ。それは、ブログ内でのコメントの返信。。。


 いつもいろいろな方からコメントを頂いててんけど、全くコメントを返してへんかってんよね。ほんまに申し訳ないです。ってことで、今年2006年はもっといろんな人と出会いたいので、これから俺もコメント欄にガンガン書き込みしていこうと思います。なんで、お友達、隠れメキバカファンの方(いるんかわからんけど)、同業者の方、一見様もどしどしファンレター&コメントください。お願いいたします。。。


 え〜前置きがいつもより長くなってしまいましたが、先日、とある先生のお供でセントロにあるラテンアメリカタワーに上ってきました。今日の写真は見ごたえありです。


 俺はほんまは高いところはあんまり好きちゃうねんけど、旅行に行ったら必ずその街の高い建物に上るんがお約束の一つやねんよね。で、ラテンアメリカタワーも初めてメキシコに来た次の日に上った思い出のある場所なわけです。


 ちなみに、このラテンアメリカタワーってのは、現在はレフォルマ通りにあるTorre Mayor(トーレ・マジョール、全長225m、地下を合わせたら計59階で現在ラテンアメリカで最も高いビル)に追い抜かされてしまってんけど、44階建てで十分迫力があるメキシコシティーの名所の一つやねんよ。


 で、今回で登頂は2回目。ひさしぶりにタワーに上ってメキシコシティーを眺めてんけど、やっぱり絶景やったね。ま〜そんなに美しい眺めがあるわけちゃうねんけど。。。


 眺めたらわかるねんけど、近くの建物はそこそこきれいに見えるねんけど、ちょっと離れた空港やレフォルマの高層ビル群なんかは白〜くぼやけてるんよね。南側なんかぜんぜん見えへんもん。


 なんで白〜くぼやけてるかってのは簡単で、俺もよくメキバカに書いてる、名物の大気汚染によるものやねんよね。メキシコシティーの大気汚染は世界的に見て最悪レベル。一つの街に2000万人以上の人々が暮らし、排気ガスをまき散らす車にバンバン乗ってたら、そりゃ〜こうなるわな。


 しかも、一緒に上った先生曰く、メキシコシティーは周りを山に囲まれた標高2200mの高地にあり、世界にも類を見ない条件の下で大気汚染が進んでるねんてさ。



 少々前の話やけど、俺はメキシコシティーに着いたのは夜やねんよね。そのとき、地球上にこんな世界があるんかって思った位の広く広く続く光の街が飛行機から見えたのに、ラテンアメリカタワーから見るシティーの昼間は遠くが霞んでなんか小さく見えたな〜


 ほんまにこのメキシコシティー名物の大気汚染には参るもん。喉もちょくちょく痛くなるし、家の横を走る幹線道路の排ガスの影響もあって、ず〜っと窓開けてたらすぐにすすっぽくなるしね。でも、そんな家で俺はたまに魚を外に出して干物とか作ってるねんけどね。。。ま〜ある意味、灰干しになってええんかもしれんけど。。。


 ま〜とにかく、メキシコシティーに来てんやったら、ラテンアメリカタワーにまず上って欲しいな。この街のすごさを体感することができるんちゃうかな〜 あと、俺は知らへんねんけど、夜に上るとロマンチックな夜景がガ〜〜って広がるねんてさ。昼間とは違い、家がびっしり貼り付く周りの山まできれいに見えるとか。なんか皮肉な感じやけど。。。


 ちょっと展望台から撮った写真貼っときます(写真をクリック!!)。レフォルマの高層ビル群(左上)とそのアップで、一番高いのがトーレ・マジョール(右上)、ソカロや空港が見えるタワーの東側(左下)、ワールドトレードセンターが微かに見える南側(右下)。これでメキシコシティーが砂漠とサボテンに囲まれた街ちゃうってわかってもらったやろかな?

 追伸:もう一枚、ラテンアメリカタワーの写真貼るん忘れてたんで、追加で貼っときます。

展望1.JPGアップ.JPG展望3.JPG展望2.JPG
P1010616.JPG
posted by shin at 15:29| Comment(8) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

高いもん、安いもん

 毎度お世話になっております。日本はすっかり冬到来みたいですが、いかがお過ごしでしょうか?今日はグアダルーペ聖母の日で祝日でした。メキシコ国民の精神的な支えであるグアダルーペの聖母が祭られているカトリック寺院へメキシコだけでなく、ラテンアメリカ全土から巡礼者がたくさん来てたみたいです。そんなこんなメキシコシティー、今日の昼間はほんまに暑かった。真夏かって思うくらいやったもん。でも、夜に洗いもんしてる頃にはすっかり外は冷えてきて、水道の水も冷たかったけどね。。。。ほんまにまいるわ。。。


 え〜ここメキシコシティーで生活してると、メキシコの物価は日本より安いとはあんまし思わへんねんよね。アホみたいに高いな〜って思うモノに出会うこともしばしば。特に電池やビデオテープ。電池なんかスーパーでちゃんとしたやつを買うと、単3電池4本パック40ペソ(約440円)近くするんちゃうかな〜 他の生活品と比較するとめちゃくちゃ高い。


 もちろん安い電池もあるんやけど、全く機能せーへんやつが多い。特に路上とか地下鉄内なんかで買うと全く使えへん。この前、駅前の3ペソ(約33円)ショップで買った電池なんか、CDウォークマンに入れて2曲目で電池が終わった。。。


 でも、逆に日本と比べて安いな〜って思うモノももちろんある。俺的ベスト3は映画(水曜日やったら300円弱で最新映画が見れる)、交通費(どこまで乗っても約22円の地下鉄など)そして、フレッシュ・ジュース。。。フレッシュ・ジュースってのはオレンジを絞ったものから季節のフルーツと水をミキサーで混ぜたもの、フルーツオレなどのこと。


 このフレッシュ・ジュースは路店とか食堂とかで安く気軽に飲める。俺は風邪予防を兼ねてしょっちゅう飲んでる。ほんまは果物を買ってきて食べたらええねんけど、どうも剥いたり切ったりするんが面倒やねんよね。


 で、以前はただの絞っただけのオレンジジュース(ファーストフードのMサイズくらいのカップで6〜7ペソ(約60〜70円)を注文しててんけど、最近はGuayaba(グアバ)がビタミン豊富って聞いて、もっぱらグアバジュースを飲んでる。


 ミキサーにグアバとハチミツ、イチゴを少々入れてもらって、どっからくんできたか分からん樽の水を入れてスイッチ・オン。皮も種もくだけてわからんようになるまで、ミキサーにかけてできあがり。LLサイズくらいのでかいカップになみなみと注いでもらって値段は10ペソ(約110円)。結構こってりとしたジュースになるから、飲めば空腹感もしのげたり。。。


 たぶん日本やったらこんなジュースを駅のジュース・スタンドとかカフェやらデパートのフルーツパーラーなんかで飲んだら、ええ値段するんちゃうかな〜??ここメキシコやったら、フルーツも豊富でおいしいから、こういうジュースは俺みたいな果物切ったりするんがめんどくさいって人にぴったりかもね。


 agua.JPGagua2.JPGjugo.JPG
posted by shin at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ちょっと大きいねんよな〜

 東西東西、毎度お世話になっております。毎日覗いてくれてる方も、溜め読みされてる方も、ふらっとこのメキバカを見つけてくれた方もいかがお過ごしでしょうか??
最近、ちょっと困ってることが、ネットの接続。俺は正規のプロバイダーには加入せんと多くのメキシコ人がやってるような方法でネットに接続しているんですが、最近なかなか接続うまいこといきません。しかも、しょっちゅう接続中に回線が切れる。ほんまに参るわ。。。メキバカ更新のためにもちゃんとしたプロバイダーに加入したいところです。。。


 え〜街を歩けばわかるねんけど、メキシコ人ってのはそんなに身長が大きい人がいません。欧米人と比べたら小柄な人が多いし、日本人とあんまり変わらんように思う。ま〜横に出てる人はめちゃくちゃいるねんけどね〜


 で、身長がたいして変わらないのに、メキシコ人の口は大きいんかも知れへん。なんでかっていうと、メキシコの歯ブラシは日本のものに比べてちょっと大きいねんよな〜 パッと見で一回りは大きいと思う。はっきり言って磨きにくい。


 そういうのがあって、実は俺は日本から歯ブラシを3本持ってきてたんよね。でも、3本とも消耗してしまって、この前スーパーに歯ブラシを買いに行ってきた。

 
 どれにしようかと物色してたら、某歯ブラシメーカーのお姉さんが登場。こんなんはどうかって感じでいくつかオススメを紹介してくれてんけど、どれもでかい。新商品にナミ型ブラシ、毛先が細いブラシと。。。


 ま〜子ども用やったら、ちょうど日本でも売ってるサイズくらいやねんけど、それはちょっと恥ずかしく。。。結局、お姉さんオススメの歯ブラシを購入してんけんど、最初は違和感があって、なかなか使いにくかった。口に入れたら、やっぱり大きい。毛先がどうなってようと、でかかったら細やかで理想的なブラッシングができてるとはあんまり思えへんし。


 でも、メキシコ以外の国で歯ブラシなんか買ったことないねんけど、他の国の歯ブラシ事情はどないやねんやろか?? 日本の歯ブラシが小さいんかな? それともメキシコ人はタコスとかトルタ(メキシコ的サンドイッチ)とかをいつも頬張ってるから、口がでかくなって、歯ブラシも大きくなったんかな〜??


 歯ブラシのピンぼけ写真貼ってみました(クリック!!)。上がメキシコ代表の歯ブラシ。下が日本代表の歯ブラシです。やっぱっし、ちょっと大きいやろ〜?? 
歯ブラシ.JPG
posted by shin at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

寡黙な男

 毎度お世話になっております。なんか9月はぜんぜん更新できてへんな〜って思いながらメキシコシティーよりお送りしております。そんなこんなメキシコ、今日は独立記念日で祝日です。独立記念日はお祭り好きのメキシコ人の年中行事の中で最大のイベントで、ほんまに街中メキシコカラーの赤、緑、白があふれかえってます。ビバ〜メヒコ〜


 え〜だいぶ前のブログで書いたと思うねんけど、俺は節約というかエコロジーというか、髪を切るのは自宅の風呂場でお願いして散髪をしてもらっててんけど、ちょっと前にふと思いつきでソナ・ロッサまで髪を切りに行ってみた。


 ま〜家の近所の床屋とか美容学校に通っているメキシコ人の友達に切ってもらってもよかってんけど、なんとなく思うままにソナ・ロッサに到着。そして、特にここのサロンに行こうとかは考えずに来たからとりあえずぶらぶら歩いてみて、めぼしい所を探してみた。


 ソナ・ロッサもメキシコシティーのおしゃれタウン、コンデサ地区と同じぐらいヘアサロンが並んでるんやけど、どの店も日本によくあるような明るい感じで、なかには有名ヘア用品メーカーの専門店もちらほら。でも、店の前の値段表みたいなん見たらちょっとお財布的に厳しめ(ま〜日本で考えたらかなり安いとは思うけど)。


 で、どないしょっかな〜って思いながら歩いてたら、ふと韓国人がやってる店を思い出した。ソナ・ロッサには韓国人の経営するヘアーサロンが俺の知ってる限り2軒ある。ちなみに、ソナ・ロッサちゃうけど、メキシコシティーには日本人が経営するサロンもあるみたい。


 そして2軒のうち、俺が行ったんは隣に韓国人がやってるパン屋とかレンタルビデオ屋がある、小さな方。ご存じの方も多いのでは?そして店のお兄ちゃんに値段を聞いてみると、ま〜ま〜なお値段。ちょっと面白そうやし、とりあえずお願いしてみることに。


 客は俺しかいーひんかったから、すぐにやってくれてんけど、とにかくどんな感じにしたいんかを聞いたら、仕事が早い早い。ほんまに流れる様な一連の動き。一瞬止まって、頭の中でイメージを創ったんか、その後はハサミと櫛を持ったまま無言の作業。


 このお兄ちゃん、見た目は日本にいる美容師さんみたいな感じで、明るい茶髪にちょい悪っぽくヒゲを少々。服装もさらりと着こなしてて、感じもよかった。でも、寡黙。日本やったら、こっちが黙ってても美容師さんが何かしら話し掛けてくるんやけど、そんなん全くなし。


 俺は沈黙が嫌やったから、少し話し掛けたり質問したりしてんけど、お兄ちゃんは少しコメントするだけで、まるで1ミリの誤差も許さへんって感じの真剣な目つきで俺の後頭をにらんでた。せめていつもいはる奥さんがいたらええねんけど、その日は不在らしく。。。


 まっ、しょうないか、と思いながら横にあったテレビで韓国ドラマがやってたから、わからんなりにぼ〜っと見ることに。ドラマの全体のストーリーは当たり前のごとくさっぱりやってんけど、主人公らしき女の子がホテルの厨房で働くって話やったような。。。


 韓国語ドラマのセリフだけが響く室内で目の前の鏡をみたりドラマを見たりしている間に、カットは終了。時間にして20分ちょいかな。実に早かった。結局、シャンプーも入れてもトータルで30分強といったところ。


 でも、ぼ〜っとしてたら、ほんまにあっちゅう間に過ぎた時間やった。店を出るときにお金を渡すと、ニッコリと笑って、また来てくださいねって言ってくれて、親しみやすい顔で一安心やってんけど、一つだけ不満が。。。


 シャンプー後、髪を少し乾かした後に整髪料はどないする?って聞かれて、ちょっとだけお願いしてんけど、それがメキシコ人男子お馴染みののテカテカになるジェルやった。俺はそれを初めて付けてんけど、ちょっとのはずがテカテカ・カチカチに。


 すっごいな〜って思いつつカチカチ頭を何度も触りながら家路に着いてんけど、テカテカジェルを相撲の力士が塩を取る様な手付きですくい取って髪に付けてるメキシコ人をたまに見るけど、ほんまに信じられへん。無造作ヘアーの時代はここメキシコに来るんやろか??


 

posted by shin at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

Achu!!(アチュ!!)

毎度お世話になっております。今朝は甘いチョコレートパンケーキに甘いチョコレートドーナツ、そしてちょっと砂糖を入れ過ぎたコーヒーを食しました。日本ではコーヒーに砂糖を入れることはあんましないねんけど、メキシコの朝は砂糖をしっかり取って血糖値をガンガンに上げていかんと、朝からハイテンションのメキシコ人達に負けてしまいます。


 え〜昨日、とあるスーパーで買い物をしてて、不意にくしゃみが出てしまいました。「ハックション!!」ってな感じで。いかんいかん、風邪か?って思ってたら、後ろからおばちゃんの「salud!!(サルー)」って言う、優しいお声が。すかさず俺も「gracias(グラシアス)」って答えてんけど、こんな光景はここメキシコではよくある。


 おばちゃんが言ってくれた「salud(サルー)」ってのは、「お大事に!!」っていう感じのスペイン語で、くしゃみをした後に、よく言われる。仮にくしゃみを3回連続でやろうが、10回連続でやろうが、友達とか先生やったら「salud!!salud!!salud!!」って毎回毎回、何回でも言ってくれる。


 それに友達やなかっても、昨日みたいに知らへん人からも言われることが多い。スーパーで買い物してたり、街を歩いてたり、バスに乗ってたり、いろんな場面で。こう知らへん人に「salud!!」って言われると、なんかほっこりする。


 ちなみに、「salud!!」の他にごく親しい男友達同士では「sancho!!(サンチョ)」ってのを使うことがある。それは、くしゃみを3回以上続けたときに言うねんけど、意味は、今お前の彼女は他の男と一緒にいるでって感じになる。ま〜さすがに見知らぬ人に「sancho!!」って言われることはないけど。。。


 最後に、今日のタイトルになってる「Achu!!(アチュ!!)」ってのは、メキシコで言う「ハクション!!」です。

posted by shin at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

庶民の足(2)

 毎度お騒がせしております。みなさんいかがお過ごしでしょうか??一昨日の七夕にニつ程願い事をしてみました。一つはささやかなお願い。もう一つは強欲なお願いと。ま〜ここメキシコシティーでは星はほとんど見えへんねんけどね。


 え〜ほんまは一発で記事を書き上げようと思ってた「庶民の足」の巻やねんけど、なんせ書き始めたら長い長い。長すぎると、会社や学校に行く前の朝の一時に楽しんでもらってる読者の方には厳しいやろうと思い、2話構成。そして今日は第2話(つづき)です。始まり始まり〜


 地下鉄ではだいたい一駅ごとに変わる変わる売り子が乗り込んできます。ガムに新聞はもちろん、本、CD、よーわからん薬に、耳かき、孫の手、スプーンセット。生活に欠かせないありとあらゆる商品が地下鉄の車内で売られています。


 また、最近ではポータブルDVDプレーヤーを持って、液晶画面で映像を見せながらVCDなどを売るハイテク売り子の姿も。だいたいどの商品も全て10ペソ(約100円)以下。たまに原価どないなってんねんって言いたい商品もちらほら。

 
 しかも、乗客は結構、売り子の威勢のええかけ声に注目して、商品を買っていきます。俺もたまにCDとかを買ったりするし。でも、ラッシュ時に無理やり乗り込んで来て、人をかき分けながら商売をするのはやめて欲しいわ〜 商魂たくましいんはええねんけどさ〜


 そして、売り子も車内に乗り込んで来るんやけど、盲目のギタリストや歌手、耳の不自由な人といった身体障がい者の人らも乗って来ては寄付や施しを呼び掛けたりと、彼らも積極的にパフォーマンスをしてます。ま〜このメトロの中はある意味、開かれた社会なんかな〜 


 たまにちょっと迷惑なんは、車内に割れたガラス片をまいて、そこの上で上半身裸の男がバック転をしたりして、背中痛くないで〜ってアピールして金を稼いだり(もちろんパフォーマンス後は片付けます)、自分たちの思想を広めようと、ビラを配ったり、機関誌の購読を勧める輩もいたりと。



 でも、ほんまに困るんが、メキシコシティーのメトロは日本やったら考えらへんねんけど、急ブレーキ、停電、まだ完全に停車してへんのにドアが開いたり、停車位置失敗などなどのミスが多い。多すぎる。ほんまに毎日何か起こるわ。ま〜まだ生きてるからええねんけど、ちょっとしたミスが大惨事になるだけに恐い。


 前回書いたけど、日本の電車みたいに時刻表がないから、回復運転みたいな無茶なプレッシャーはないやろうけど、4月にあった尼崎の脱線事故なんかを見るとやっぱり恐い。だいたいメトロの運転手も私服のおっちゃん、おばちゃんが運転してたり、ジュース飲みながらとか、3人くらいで運転席で談笑しながら運転してたりと。。。メキシコっぽいけど、やっぱりね〜


 それとそれと、言い忘れそうやってんけど、地下鉄駅。だいたい全路線合わせて150駅くらい(俺調べ)あんねんけど、それぞれ駅にはシンボルマークみたいなんがあって、駅名に合わせたマークや、なんでこのデザインやねんってツッコミたくなるものまで、見るとなかなか面白い。なんでも、文字の読めない人や土着の先住民族言語しか知らない人達への配慮で駅名の横に各シンボルとなるマークを配してるらしい。


 また、駅の中には売店とか簡単な食事ができるコーナーがあったりもするし、駅によってはアートとかを展示するコーナーや大きな壁画が描かれている所もある。さすが芸術の国、メキシコ。それから、たぶん駅を作るときに出土したんやろうけど、アステカ時代の遺跡がそのまま組み込まれた駅なんかもある。


 あと、最後にちょいと余談やねんけど、俺が週に一度利用する一番西側を走る7号線はかなり深い所に作られてるみたいで、ホームからエスカレータを3回登らんと地上に出ない駅もある。昔、ハンガリーでも見てんけど、なんか旧共産圏の国々の地下鉄駅はかなり深い所に作ってて、冷戦時代には来る核戦争に備えてシェルター代わりに地下鉄駅を深い所に建設してたって聞いた。なんか7号線もそんな理由で深く掘ってたり。。。


 そんなこんなで2話構成になってしまったメキシコ的地下鉄話やねんけど、毎日利用してるだけあって、メトロについて書きたいことはまだまだ盛り沢山。今後もちょこちょこメトロについては書こうと思います。今日はCopilco駅の壁画と3号線とB線のシンボルマーク、それから地下鉄車内(終電やからガラガラ)の写真を載せておきますよって、クリックしてみて下さい。


地下鉄ヤ内.JPGメトロマーク.JPGメトロマーク3.JPG地下鉄駅.JPG
posted by shin at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

庶民の足(1)

 毎度お世話になっております。7月に入ってからは、飛ぶ鳥を落とす勢いで更新しております。たまに通りすがりの方もメキバカを見ていただいてるみたいでありがたいです。ちなみに、昨日からコンタクトの調子が悪くって、黒ぶちメガネ生活です。


 え〜このブログを開店させてから、ず〜っとやろうやろうって思い続け、構想3か月、妄想3日のこの企画。庶民の足、メトロ(地下鉄)です。ま〜そんなたいそな企画ちゃうねんけど。とりあえず、カフェタクーバの名曲「Metro(メトロ)」を鼻歌混じりのバックミュージックに読んでみて下さい。


 ま〜このメトロ、俺も毎日のようにお世話になってて、ペセロ(小型の乗り合いバス)同様、ほんまに庶民の足です。開業は今から38年前の1967年、3路線からスタートし、現在ではメトロと呼ばれている路線は全部で11にもなります。今でもまだ延長工事をしてる所もあるみたいで、今後も延びるかも。


 でも、よ〜考えてみると1967年といえば、メキシコオリンピックの前年。やっぱり時の権力者ってのは世界が注目するビッグイベントに国の最高技術を見せたくなるんかな〜 東京オリンピックに開業を合わせた日本の新幹線しかり。


 ちなみに、メキシコシティーのメトロはフランスの技術を導入して作ったので、パリで走ってる地下鉄と同じく、レール式ではなく、タイヤで走るタイプです。でも、だいたいメキシコシティーってのは、今から約500年前にスペイン人達が制服し、大半は湖やった地を埋め立ててできた街。地盤沈下も深刻な問題やのに、よくもま〜こんなにたくさん地下鉄網をはり巡らせたもんやわな〜


 で、肝心のメトロのお値段やねんけど、驚くなかれ、切符を入れて一度改札をくぐれば、どこまで乗っても均一2ペソ(約20円)。確か、4年程前までは1、5ペソやって値上げされたと思う。でも、一つ例外みたいなんがあって、A線に乗る時はPantitlan駅を経由せなあかんねんけど、なぜかそこではもう一回改札口を通らなあかん。結局、もう一枚切符を投入するはめになる。


 ま〜一回2ペソで安いねんけど、日本みたいに定期券もなけりゃ、回数割引きもないから毎日乗ってたら、ちょっとした出費になる。あと、俺もそうやねんけど、毎日乗る人はだいたい切符を10枚、20枚とまとめ買いする。


 なんせ駅には券売機みたいなもんはなく、お姉さん、もしくはおばちゃんがブースで手売りしてるから、大きな駅では長蛇の列。朝とかに並んでたらテンション下がります。また、お姉さんとかも電話しながらとか、おやつ食べながらとかでかなり忙しいらしく、あんまりやる気がないしな〜


 ま〜切符を買い、構内に入ると、もちろんメトロが走って来るんやけど、メキシコシティーの地下鉄には時刻表がない。やからいつ来るかはわからへん。ま〜主要路線では結構ひっきりなしに次から次へと来るんやけど、たまに全く来ーへん時はちょっといらだつねん。ちなみに営業時間はだいたい朝の6時位から夜の12時までかな〜


 それと、時々愚痴ってるかもしれんけど、俺の主に使ってる路線は2号線と3号線で、とにかく混む。朝から晩まで満員のラッシュアワー。また、混雑時は降りる人が先で乗る人が後っていう考えがないんか、思いつかんのか、降りる人もそこそこに、一気に洪水のようにホームから乗る人がなだれ込んで来るんで要注意。降りる側もみんなでスクラムを組んで一気に降りなあかんので、ほんまに一苦労。


 あと、混雑時に気をつけなあかんのは、スリ。メキシコじゃ〜carteristaって言うんやけど、用心した方がええかもね〜。俺も情けないねんけど、実は一度、財布を盗まれて。。。ほんまに一瞬やし、感動するくらいのテクニックやった。ほんまにおみごと!!


 
 そんな混雑を解消するためか、ただの気まぐれか、最近は2号線とか6号線では新型車両が登場してます。今までの旧型車両と違い、連結部分を通り抜けることができたり、空調システムがちゃんと動いていたり、車内が明るくなったりと。また、座席も日本の電車みたいに縦型になって、ラッシュ時は乗り易い構造になってます。。。


 え〜実はこの記事、全部書き終わって、読み直したらかなり長くなってしまってました。なんで、今日と明日の2話特別号でお送りします。明日はまた「庶民の足(2)」をお楽しみください。ちなみに、今日の写真(ダブルクリック!!)で、オレンジの車体で白のラインが入ってるものが新型車両です。全てオレンジに塗られてるものは旧車両です。あと、チケットの写真も載せておきます。


地下鉄マップ.JPG切符.JPG旧型ヤ両.JPG新型ヤ両.JPG
posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

Condesa散策

 
 どうも、いつもお世話になっております。大都会メキシコシティーよりお送りしておりますメキバカです。以前、お伝えしたメキシコシティーの新型交通システム、メトロバスやねんけど、開通より2週間という無料期間が過ぎた今も太っ腹なことに無料で運行してます。ま〜ただ単に未だに自動改札機やら券売機のシステムが整ってないだけやねんけど。。。ちなみに7月11日から有料になるらしいです。この際、永久的に無料にしてみたら??


 え〜先日、ちょっと散歩とばかりにcondesa(コンデサ地区)に行ってきました。この前、家で焼肉をした後に、友達がコンデサのカフェ・バーみたいなとこでレギュラーで回してるってことで、ちょっと丑三つ時に遊びに行ってんけど、なんせコンデサとは今までぜんぜん縁がなかった。やから夜のコンデサを見て、あんなに人がいるとは思わんかって、びっくりした。


 ってことで、次の日に昼間のコンデサに行ってみようと思い、ちょっと散歩に出かけてみました。夜中のコンデサは至る所に、バーやのクラブやのがあって、かなりお兄ちゃんお姉ちゃんで賑わっててんけど、昼間は昼間でまた結構な人やった。


 ポランコ地区とかソナ・ロサとかもちょいと高級で人気の地区やけど、コンデサはさらに小じゃれた感じで。また、大きな公園があったり、街路樹も豊富できれい。昼間ってこともあって、カップルとか家族連れが多く目に付いた。人気のカフェにはメキシコには珍しく、長い行列ができてたりしてて。


 で、で、コンデサは何がちゃうって言ったら、まず止まってる車がちゃう!!なんか高そうな人気の車種がバンバン止まってる。あと、散歩してる犬がちゃう!!他のメキシコシティーの路地を歩いてる犬はかわいいねんけど、なんか小汚〜い感じで。でも、コンデサを歩いてる犬はなんか上品で月に1回はトリマーの手にかかっておりますって感じやもんな〜。まさにトップブリーダーの愛犬。


 ま〜もっと言ってしまえば、コンデサのカフェでごはん食べたり、お茶してたりしてる人らは肌の色がちゃう。白い。白人系。ま〜これもメキシコの象徴的な光景の一部やからしょうがないねんけど。ま〜ご想像の通りって感じです。


 でも、俺はコンデサで優雅にアフタヌーンカフェを楽しむ金もないから、オープンカフェの前を素通りしてただけやねんけど、ま〜よさげな雰囲気や空間ばっかりでした。あと、もちろんコンデサはカフェやレストランの他に服の店とかも結構あって。


 メキシコではあんまり服の店(新品)に入っても欲しいのもがないって最初からあきらめて、古着屋とかを見てるねんけど、コンデサはま〜ま〜ええもんがあった。でも、値札を見たら、お〜って声が出そうやった。これでタコスが何枚食べれるんやろかって頭の中で計算してしまったもん。やって、大阪・南堀江とか南船場とかとほとんど値段が同じやもん。ってことはメキシコの物価で考えるとそうとう高い。


 ま〜なかには若いアーティストとかがやってる小さな店は、まだ値段の方ははましやってんけど、全体的には、おこづかいを貯めてまた出直してきますって感じの店ばっかりやった。友達がまさにコンデサって所に住んでるらしいねんけど、どんな小じゃれた生活をしてるんやろか?


 白いバスローブでも着て、シャム猫を左手に、右手はブランデーみたいな生活してるんやろか???。。。それはちょっと違うか。。。小じゃれてないか。。。 ま〜とにかく、街歩き好きの俺的には結構楽しめた一人ツアーやったかな〜 何枚か写真も撮ってきたんで、クリックしてみてください。



 街並1.JPG街並2.JPG街並3.JPG街並4.JPG街並5.JPG街並6.JPG
posted by shin at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

ついに登場

 毎度お世話になっております。最近ブログの更新が歯抜けになっててすいません。いつも見ていただいてる方には申し訳ないです。今日の天気は曇り。ここ1週間くらい天気がパッとせず、1日を通して涼しい日が続いてます。というか、朝はかなり寒い。暖かい格好をして出かけたいねんけど、地下鉄の中は相変わらず蒸し風呂状態やから、厚着したくてもできへんのか悩みです。ちょっと前まで異常気象で超猛暑やったのが一変です。


 え〜ほんまは火曜日くらいに書きたかったネタです。メキシコシティーに先週の日曜日から新登場した最終交通兵器、メトロバスやねんけど、なにかと話題を振りまいてるみたいです。


 俺も先日のブログの冒頭で、早速メトロバスに乗ったで〜ってことを書かせてもらってんけど、百分は一見にしかずってことで写真(下の写真をクリック!)を数枚撮ってきました。


 このメトロバス、メキシコシティーを南北を縦断し、上下8車線を誇るインスルヘンテス通りを走る新型交通システムとして登場しました。通りの中央部の植え込みの所に駅を設置し、上下1車線ずつをバス専用車線にしたっていう新しい試みです。


 駅はサンアンヘルのちょっと南のDr.Galvezから、北は地下鉄駅でもお馴染みのIndios Verdesまでの全36駅。話じゃ、開通してからも2、3駅がまだ出来上がってなかったみたいで工事中の駅も。。。


 このメトロバス、以前から開通予定日には絶対間に合わへんって散々メディアで報道されてて、正直、土木工事素人の俺が見ても、どう考えてもこんなんまだまだできへんわって思ました。しかし、さすが大統領選挙を来年に控えたロペス・オブラドール市長、公約は果たさなあかんと思ったんか、予定日に無理やり開通を合わせてきました。


 結局、多くの駅が前日の深夜まで工事に追われ、骨組みしかなかった駅が朝には開通するという、まさに豊臣秀吉の一夜城的突貫工事。よって駅はホームと屋根だけで、上からしょぼい蛍光灯が垂れ下がってるという、超シンプルなもの。専用レーンもちゃんとブロックで区切られた部分もあれば、コーンやネット、はたまた暇そうな警察官を無理やり立たせて、横の車線から一般車が入れないようにしてました。


 ちなみに、このメトロバス専用レーンに一般車が侵入すると、罰金5000ペソ(約5万円)と、無茶苦茶な新ルール。あと、メトロバスはどこまで乗っても3、5ペソ(約35円)やねんけど、開通から2週間は無料で乗る事ができるという、お試しサービス期間らしい。しかし、どこの駅にもまだ改札機や券売機の姿はなく、単に急ピッチで作った為にまだそんなシステムがないから無料にしてるだけって感じです。いやはや。。。


 それとそれと、メトロバスが開通して以降、インスルヘンテス通りではあんだけ走ってたペセロ(小型の乗り合いバス)とかカミオン(日本でもよく見るようなバス)が通行禁止になりました。つまり否応無しに、インスルヘンテス通りを利用していた人たちが、メトロバスに乗らないといけないようになりました。


 このことによって、今まで民間のバスが中心にインスルヘンテス通りの交通を担ってきていたのに、メキシコ市が運営するメトロバスだけになり、事実上、メキシコ市がバス運賃の総取りをすることができるようになったのです。


 そのしっぺ返しか、開通から無料ともあって、俺みたいな新しい物好きが毎日わんさか乗りに来て、当初の予想よりも50%も多い利用客やって。それゆえ、どんだけバスを走らせても、追い付かず、どのバスもすし詰め状態。乗客からの不満も多く、結局、しばらくの間は他の民間のペセロなども併用して走らせる事になったみたいです。



 さらにさらに災難なことに、4日程前には車がなぜかメトロバス専用車線に侵入してバスと事故を起こしたみたいで、バス機能は大混乱したとか。。。ほんまに踏んだり蹴ったりの船出やね。


 あと、他の人が思ってるかわからんねんけど、俺の個人的な不満を一つ。それはバスが全て各駅停車ってこと。どんだけバスを増発させても、全ての駅で停車するから、駅の近くになると、前のバスが発車するのを待つはめに。結局、バス同士で渋滞を引き起こしてる感じです。


 3年程前にコロンビアのボゴタを旅した際に、トランスミレニオっていうメトロバスと同じ様な交通システムを何回も利用してんけど、バスによって快速とか準急、普通といった風に日本の電車みたいに停車駅が異なっていて、乗り方を覚えると、かなり便利な乗り物でした。


 メキシコのメトロバスも主要駅にしか止まらないバスとかを作って欲しいもんです。結局、各停メトロバスを利用するといつもは地下鉄で45分くらいの道のりが1時間程かかってしまうもん。


 ま〜こんな感じで、ドタバタに開通したメトロバス。このお粗末ぶりを新聞やテレビが連日いいネタとばかりに報道してます。俺はこのメキシコっぽい適当さが好きやねんけど、しばらくの間は込んでるし、利用は控えようかなと思います。あと、24時間メトロバスが営業してるっていうねんけど、ほんまなんかな〜??



 

P1010495.JPGP1010498.JPGP1010499.JPG
posted by shin at 05:14| Comment(7) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

チェックの机

 毎度お世話になっております。昨日、喉が痛いと思ってたら、やっぱりちょっと風邪っぽいです。ま〜昨日の晩に風邪薬飲んだから今は問題ないんやけど、やっぱし体には気をつけたいものです。。。


 え〜昨日の夜、友達の家に行ってきました。何をしに行ったかといいますと、ま〜晩ごはんを一緒に食べるためってのもあってんけど、ほんまの用事は机をもらいにいく事でした。俺の部屋には前まで机がなかって、ベッドというか、マットレスと服用の棚、本棚代わりの木箱しかなかって、いろいろな作業をするにはどうしても机が欲しかったってわけです。


 前からちょこちょこウォルマートとかで探しててんけど、なかなか安いやつがなく、このままメキシコ的生活では一生机無しかと思いかけていたまさにその時、友達のいらなくなった机はどない?っていう話があり、さっそく見に行ってきたのです。


 現物は思ったより小さかってんけど(しかもなぜか机の淵がチェック柄)、どっちにしろ俺の部屋自体狭いし、ちょうどええサイズの机でした。そしてなんと、今回は座り心地がかなりいい椅子付きで友達価格での特別ご奉仕ということでした(夜中の通販やったら会場のおばちゃん達から拍手が起こりそう。。。)。しかし、ま〜友達価格と言われてしまったので、どうしても値切る事ができんかったけどね。。。


 ま〜なんとか無事に親切なタクシーで無理やり持ち帰り、待望の机を手に入れたのです。今回はこの机と、俺の部屋、リビングの写真を貼っときます。俺の部屋はちょっと狭いけど、共用部分(リビングとかキッチン)が広いから、ま〜作業と寝る部屋としては十分です。これからはこの机から日本へ、いや世界へとこのメキバカを発信していきます。

机1.JPGリビング2.JPG


posted by shin at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

No ケータイ,No ライフ

 毎度お世話になっております。ここ数日、連夜のクラブ活動で午前中はぼ〜っとしてます。また最近のクラブ活動の模様は後日レポートしますんで。。。

 え〜最近ブログを開店させてから、いろんな人からメールをもらうねんけど、そこにはメキシコに関する質問というか、ちょっと間違ったイメージもあるコメントとかをよーいただきます。ま〜百聞は一見にしかずって言いますが、できる限りメキシコに行った事がない方にも分かりやすくメキシコ的生活事情をお伝えしていきたいと我がメキバカ取材班も思っております。

 で、今回なんですが、俺がメキシコに到着した次の日に買った携帯電話(以下ケータイ)について紹介します。ケータイは今や日本では、ほぼみんなが持ってると言ってもええくらいじゃないでしょうか。最近ではカメラ付きは当たり前で、テレビ見れたり、音楽をダウンロードできたりと。。。やや過剰ぎみやね。俺はま〜カラー液晶でメールができたらそれでええねんけどね〜。

 ここメキシコも日本と同じように若い人とか働いてる人やったらほとんどの人はケータイを持ってると思います(日本みたいにおじいちゃん、おばあちゃん用とか小学生用みたいなんはないけど)。スーパーとかショッピングセンターはもちろん、街の至る所にケータイショップみたいなんがあります。また路上や屋台でもおそらく盗まれたり、捨てられたっぽい怪しいケータイとかもよく売ってます。。。そして、日本に比べてかなり簡単に手に入れる事ができます。第一に、俺みたいな海のものかも山のものかも知れんガイジンにサイン一つでケータイを売ってくれてんやから。。。ちなみに、本体の値段は2000円くらいやった。
 
 メキシコではケータイは全てプリペード方式になってて、ケータイショップとかコンビニとかでプリペードカードを買って、カードの値段分だけ通話する事ができます。クレジットが無くなって通話する事ができんようになったら、またカードを買うんやけど、カードを買わんでも、電話を受けることはできます。家に電話回線を引く事ができへん人らも代わりにケータイを持ってるていうケースもあるみたいです。また路上とかでもそのプリペードカードは売ってるんやけど、偽物とかも出回ってるらしいから、ちゃんとしたとこで買うのが無難かも。それと、日本のケータイと同じくメールももちろんできます。俺の使用頻度としては、通話は少々高くつくんで圧倒的にメールの方が多いです。ちなみに、俺のケータイはTELCEL(テルセル)ってとこのケータイ会社ので、日本で言うとドコモみたいな感じで、使ってる人が一番多く、ちょっと殿様商売的なとこです。次に続くんは、最近いろんなプロモーションとかオシャレなCMで人気が出てきたMOVISTAR(ムービースター)。そして、3番目に結構古くからあるUNEFON(ウネホン)ってとこでしょうか。ちなみに、MOVISTARからTELCELにメールを送るとなぜか3時間以上遅れてからメールが着きます。TELCELの嫌がらせかも。。。

 機能的な面ではメキシコのケータイは日本のよりも小さいです。たまにごつくて重そうなケータイを持ってる人もいるけど、日本と違い、カラー液晶とかカメラとかの機能よりもサイズ重視といったとこでしょうか。最近は各社からカラー液晶とかカメラ付きが販売されてるけど、まだまだ値段が高いからそんなに目にしません。あと、着メロをダウンロードとかもすることはできるけど、そんなにポピュラーじゃないです。

 ま〜日本でも同じやったけど、ケータイを一度持ち始めるとほんまに手放す事ができんようになる。常に持ってるし、家とかに忘れたら急に不安になるし。ちょっと病気気味かもね。でも、メキシコ人とかメキシコに住むガイジンは時間にルーズな人が多いから待ち合わせたりする時はケータイがあるとやっぱり便利やしね。それが持ってる一番の理由かも。そんなこんなでケータイは俺のメキシコ的生活にはなくてはならないものです。一応、下にメキシコ的ケータイの写真貼っときます。右から2番めの白いのが俺のです。。。
 


ケータイ.JPG
posted by shin at 14:18| Comment(1) | TrackBack(1) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

ビンゴdeリベンジ!!(4月24日掲載分)

 毎度お世話になっております。たとえ、飲み過ぎて朝帰りになっても、更新はがんばります。。。

 え〜昨晩なんですが、ビンゴゲームに行ってきました。ビンゴって言うと、日本では夏祭りとか各種イベント事には切っても切り離せへん(!?)ゲームかもしれへんねんけど、ここメキシコでは一種のギャンブルになってまして。。。おそらく、公営とはちゃうと思うねんけど、メキシコシティーに数カ所あると思います。昨日、行ったのは家からバスで5分ほどのとあるショッピングセンターの一角にあるビンゴゲーム場で、特に厳重でもないセキュリティーゲートを抜けて会場に入ると、そこはホテルの結婚式会場みたいになってて、丸テーブルが並び、老若男女ビンゴゲームに勤しんでおりました(だいたい400人は入るような、なかなか大きな会場です)。実はビンゴゲームは今回で2回目で、前回は完全に負けてがっくりしながら家路に着いたもんです。。。ルールは日本のビンゴとほぼ同じやねんけど、縦、横、斜と数字を揃えるビンゴカードとは違い、横8列、縦3列といった横長のカードです。ちなみに、1枚10ペソ(約100円)で、10数人のボーイがテーブルを巡ってカードを売りに来ます。普通は一人一枚を購入します。そして、1〜90までの数字が読み上げられ、ペンでカードの数字をチェックしていくんですが、これがなかなか数字が来ない。ちなみに賞金は一番最初に横一列揃えると、10〜15倍の配当、その後一番最初に全ての数字を埋めると、だいたい80〜200数十倍(回や販売枚数で変動するっぽい)。そんな感じでゲームが終わったら3、4分程休憩して、次のゲームとテンポ良く進んで行きます。もちろん、一回も当たる事なく。。。ちなみに、向かいに座っていた女の子は数字を全て埋めて、賞金を獲得していました。。。ま〜そのカードビンゴですっかり負けて、またあかんわ〜と肩を落としながら、隣の部屋にあるマシーンビンゴへ。マシーンビンゴはビンゴゲームというより、目の前のコンピューターの画面を見ながらスロットマシーンみたいに、ただただ受動的に数秒のうちに勝負が判定するやつで、掛け金は1ペソ(約10円)からとリーズナブル。これも絶対に勝てるわけあらへんわって思いながらやってたら、なぜか調子良く、うまいこと賞金がほんまにちょこちょこやねんけど、増えていきました。結局、終わってみたらカードビンゴの負けをなんとか取り戻して、イーブン・パー。ま〜今日はこの辺にしといたろかって感じで家路に着いたわけです。。。リベンジって感じちゃうかってんけど、1時間半くらい遊んでとんとんやったらま〜よしとしようじゃありませんか。。。

 今週は毎週土曜日におじゃまさせてもらってるクラブ・ペルベルト(ハウスとか今やちょっと古い感じやけど、トランス系のクラブ)はお休みにして。。。
 
 では、またこんな感じでやらしてもらいますんで、今後もごひいきに読んでやってください。
posted by shin at 16:49| Comment(0) | TrackBack(1) | らいふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。