2011年05月27日

アツい日。

 毎度お世話になっております、メキシコ・バカ一代です。この前、近所のコンビニで驚いたんやけど、レジの前に向かって扇風機で風をガンガンに送っててんよね。誰もいーひんのになんでやろって思っててんけど、レジのあるテーブルに並べられてたチョコレートととかのお菓子類を見て、納得。暑過ぎて溶けてるんよ。チョコレートも飴ちゃんも、溶けてグニャグニャになってたり、また変形して固まったり。そうなんよね、ここ数日ほんまに暑い。昼だけじゃなくって、夜も暑い。少々寝苦しいメキシコシティー。

 え〜今書いたように、ここ数日昼も夜も暑いメキシコシティーなんやけど、この前の日曜日も街はアツかったです。いつも贔屓にするサッカーチームのプーマスの後期リーグの優勝(メキシコリーグは前期と後期に分かれてまして)。いや、ほんまにお祭り騒ぎでした、街中。

 今期のプーマスはなんかよーわからんけど、調子よかった。リーグ戦では2敗のみ、特別圧倒的な試合で勝つとかってのはなかってんけど、負けなかったってのがよかったんかも。とにかく後期はシーズン通して渋い試合が多かったような。

 そんなプーマス、2009年に優勝してるから、2年ぶりの優勝。前回はアウェーゲームでの優勝決定やったけど、今回はホームで優勝決定。それは盛り上がります。試合終了とともに、近所でもテレビ観戦してた人達から歓声が上がるし、家の前の道もすぐさま車のクラクションで祝福。そして、優勝を祝うために、人、車は独立記念塔(アンヘル)へ向かいます。

 メキバカ編集部も、もちろんアンヘルへ。家にいても、車のクラクションうるさいし、やっぱし一番ええとこで祝いたいしで。

 ほんまにアンヘル向かう途中は祝い狂うサポーターを乗せた車がバンバン通って、歌い、叫び、旗を振って。中にはどんだけ人乗ってるねんって車あったり、曲芸に近い乗り方をする車あったり。。。

 で、アンヘル到着。案の定すでにものすごい人。それでもまだまだこれから集まる人がどんどん。ここでも歌い、喜び、叫びまくる。阪神優勝の時みたいに。

P5223178.JPG P5223176.JPG P5223190.JPG P5223184.JPG

 アンヘルの前にあるホテル(シェラトン)の壁にもプーマスチャンピオンの横断幕。粋な計らいやね。

P5223187.JPG

 それで全然知らへんかってんけど、盛り上がってたファンがさらにボルテージを上げて盛り上がり出し、大量に動員されてる機動隊も急に動き出して、何かと思ったら、試合を終えたばかりの選手達を乗せたバスがアンヘルに登場。もちろん優勝カップを持って。

P5223222.JPG P5223212.JPG P5223207.JPG P5223209.JPG

 カップをバスから落としたらアカンでって心で思いながら優勝した選手達とカップをしかと見ることができて、個人的にも大満足。この日は夜遅くまでアンヘルは盛り上がり、まさにアツい日でした。プーマスとアンヘル、ありがとう。

P5223197.JPG P5223225.JPG
posted by shin at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

アステカスタジアムで

 毎度お世話になっております、メキシコ・バカ一代です。いつもの故意にブログを放置してる間に、すっかり冬の訪れです。朝晩はなかなか寒いメキシコシティー、先週は起きた時の気温が0度って日もあったり。短い冬ですが、個人的には好きな季節です。

 え〜書きたい事というか、書こうと思ってたことは山ほどあるんですが、当ブログをほったらかしにしてる間に、どんどん忘れていき、まともに覚えてることはつい数日前の話。3連休の中日のこと。。。

 久々にプーマスの試合を見に、敵地アステカスタジアムへ。この試合、アメリカス(ホーム)対プーマス、前期リーグの最終戦で宿敵との勝負。プーマスにとっては勝てば上位チームが駒を進めるトーナメントに進出できるといった、絶対に負けたらあかん試合だったのです。今季はホームでは調子はよかったものの、アウェーやと一度も勝てへん内弁慶のプーマス、厳しいやろな〜とスタジアムへ。

 このアステカスタジアム、前〜にも書いたと思うけど、世界で一番収容人数が多いサッカー専用のスタジアムです(10万人入ります)。とにかくでかいでかい。そんなスタジアムに今回は時間もあったので、ゆったりと家のすぐ前から出てるバスで行くことに。。。小型バスに揺られること50分、少々時間はかかったけど、無事に現地に到着。バスを降りたそばからスタジアム前は超厳戒態勢。

 スタジアム周辺には盾を持って張り付く機動隊員。どんだけいるんやっていうくらいの機動隊を横目に、スタジアム周辺をぶらりぶらり。しかし、なんかええお土産はないかと入るまでに出店を物色したんやけど、なんせここはアメリカスのホームグラウンド、よさげなプーマスのグッズもなく、早々と入場することに。。。Pumas-1.JPG

 最初のゲートで2回のボディーチェック&荷物検査、その後もスタジアムの席に着くまで2回の検査と念には念を入れたセキュリティーチェック。もちろんベルトは取られるやろうから、家からノーベルトで出陣。この日は先日新しく買ったばかりのおニューのプーマスのユニフォームを着てたから、そんな面倒くさいチェックにも気分よく応対したり。

 しかし、やっぱしスタジアム到着が早すぎたんか、まだまだガラガラ。ジュースなんかを売る売り子さんの声が虚しく響き渡ります。それもそのはず、時計を見たら試合開始までまだ2時間以上。ビールの販売もまだなく、とにかく待ちます待ち続けます。。。Pumas-2.JPG

 そうこうしてると、というか意外に早い段階でメキバカ編集部のいるプーマス側(アウェー側)のスタンドがどんどこ埋まってきて、試合開始一時間前くらいにはすでに周辺は大混雑。ホーム側はまだほとんど人がいんのに、こっちだけ大盛り上がり。メキシコ人も気合いが入れば時間前行動ができるのです。

 そして、人が密集したらいろいろ揉め事が起こります。同じチームを応援する仲間同士でも揉めます。目の前ではなんでか殴り合いのケンカが始まり、早くも頭部から流血する人も。というか、その流血してた子、なんと女の子でした(めちゃくちゃやけど、たぶん殴り合ってた奴も周りで見てた人も最後までその子が女の子と気づいてなかったと思う)。とにかく、試合前から熱い。

 そんなこんなでサポーターもしっかりとウォーミングアップして、いざ試合開始。とにかく、この伝統の一戦(野球の阪神巨人みたいなもん)、負けるわけにはいきません。ただ、プーマス側はこの一試合に懸ってて、アメリカス側はそんなに焦ってないんか、スタジアムは8割方埋まってるというのに、サポーターは圧倒的にアウェーのプーマスが多く、8割方はプーマスファンやったよ。(神宮とか横浜の阪神ファンみたいなもんかな)。

 いつの間にかホーム・アステカスタジアムになったスタンドからは発煙筒が次々に放たれ、チャントの大合唱が始まります。Pumas-3.JPG

 そんな熱い応援や雰囲気の甲斐あってか、プーマスが早い段階で先制点。スタンドの床の地響きと共にみんなでゴールの喜びを分かち合い、大合唱。持ってる紙コップは中が入ってようがいまいが、基本的に宙に向かって捨てるのがメキシコ流。紙吹雪代わりです。

 その後試合は一進一退の攻防。アメリカスも決定的なチャンスもあったけど、ポストが2度もプーマスを救います。その度に一瞬、応援が止まり、みんなで息を呑んだり。そんな見ごたえのある前半は1−0で終了。。。これで一段落して、喉も乾いたことやしビールでもと思ってんけど、なんせ人が密集し過ぎてて、通路にも出られへん。売り子さんもこんなややこしい所に売りに来るわけもなく、周りのサポーターと共にとにかく我慢。空いたギリギリのスペースに腰を掛けて、後半の始まりを待つのです。

 そして、喉の渇きもどうでもよくなった頃、重要な後半の始まり。プーマスは前半と同様に責め立て、サポーターは歌い続けます。前の男の子が火を付けた発煙筒は熱すぎてか、持てずに落してしまい、前が真っ白になったり。しかし、あんだけのチェックがあったにも関わらず、よく持ち込んだよなーって感心。
Pumas-4.JPG

 しっかし毎度思うけど、このアステカスタジアムは大きいけど、うまいこと傾斜もあってどこに座ってもほんまに見やすい。これだけの迫力と臨場感を味わえるスタジアムはなかなかないやろね。これはメキシコが世界に誇れる建造物やよね。
Pumas-5.JPG

 そんなこんなで歌い、跳びはね、叫び続けること45分。なんとかなんとか前半で挙げた1点を守り切り、みごと勝利。最小得失点差ながら、この試合はプーマスの完勝といったところでしょうか。これで8チームで行われるトーナメント進出を決め、サポーターも安堵と大喜び。
Pumas-6.JPG

 帰りは暴動とかごちゃごちゃに巻き込まれたらあかんから、喜びもそこそこに席を後にしたんやけど、ま〜帰りもすごい機動隊で。スタジアム出たとこからは30cmも間隔がないんちゃうかって程にぎっしりと機動隊員が並んで道を作って、サポーターを誘導。今回はプーマスが勝ったからまだましやろうけど、負けてたらほんまに暴動になってたやろうね。危ない危ない。

 いや〜しかし、勝ってよかった。ほんまによかった。プーマス勝ってよかった。次の試合は水曜日。また勝ってほしいね。

  
posted by shin at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

3333

 毎度お世話になっております、メキシコ・バカ一代です。もうなんやかんやと10月に入るんよね。今年の目標、ぜんぜん達成できずにいるんですが、今年もあと3か月少々。ちょっとスピードアップしてやってかなあかんな〜って思ってる次第です。いやはや。。。

マラソン.JPG

 え〜ミスター長嶋もびっくりのこの数字、受け取った瞬間は吉兆かなと思ってんけど、またダメでした。。。3333、決して狙ってもらえるわけちゃうだけに、よかってんけどな〜

 この前の日曜日、2年ぶりにフルマラソンやってきました。第27回メキシコシティー・フルマラソン。実は去年は登録もしてゼッケンまでもらっててんけど、直前にモンテレイに行かなあかんようになって、結局出場せずでして。

 今年は例年の8月末と違いなぜか9月の開催やって、調整する方としては一か月の猶予をもらってたわけやねんけど、なかなか厳しいレースでしたよ。。。

 今年ももちろんスタート&ゴールはソカロ。今回はスタートしてちょこっとだけ北上しただけで、あとは20キロ近くまではひたすら南へ南へ。気がつけばミスコアック。そっからアップダウンが連発のチュルブスコの高架でくるっとシティーを東へ。来たこともないような街の東にある下町をくぐり抜けて、あとは地下鉄2号線を横目にトラルパンを北へ。。。そんでゴール。。。

 そんなイメージやってんけど、またしても甘かった。今年は3か月前から今回のフルマラソン対策をしてきたわけやねんけど、またしても走り込み不足やったんかな〜。また序盤に膝を痛めて、あえなくほぼ徒歩で30キロ近くも進む羽目に。。。1日10キロの走り込みでは足りんのやろうね。

 幸い、当日の天気は太陽がちょこっとだけ雲から顔を出す程度やったから、よかってんけど、ガンガンに晴れてたらゴールまでたどり着けたかどうか。ほんまに完走というか完歩です。なんとかリタイア収容バスに乗らずに制限時間内にゴールできたのが3333番が唯一メキバカ編集部に与えたラッキーなんかも。

 ちなみに今年は久しぶりにメキシコ人が男女とも優勝。男子は2時間21分とか。やっぱし早いわ。帰ってからテレビでこのマラソンの中継を見たんやけど、今年はアフリカ勢はほぼ出場してなかったみたい。

 個人的な考えやけど、やっぱし今年から優勝賞金がかなり減ったのが有力選手の減少につながったんかも。去年までは1位が25万ペソ(175万円くらいかな)やったんが今年はたったの5万ペソ(35万円か〜)。経済危機の影響か一気に5分の1やよ。

 これじゃモチベーションも下がるっちゅうねん。正直、賞金とは関係ない編集部ですら、がっかりの賞金やったもんね。きっと出場した1万人あまりのランナーも同じ気持ちやったことでしょう。

 とはいえ、今年も沿道の声援やら差し入れ(くだもんとかジュースにアメちゃん)にはほんまに力をいただきました。特に下町の方のノリはすごかったな〜 ちょっとでも気を抜いて走ってたらガンガンにゲキを飛ばされるし、セクシーなおばちゃん達の応援ダンスもあったり。。。

 しかしま〜今回も課題が浮き彫りになったわけで、来年のマラソンへの活力も湧いてきたんで、とりあえず激しい筋肉痛と膝の痛みを治して次なるレースに向かおかな。フル3時間台は次回にお預けやね。
 
posted by shin at 10:20| Comment(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ひっさしぶりに

 毎度お世話になっております。メキバカです。もう5月も後半、どうやらここメキシコシティーも雨期に入ったようです。雨降ったりします、午後から。雨降りはいややけど、太陽の出てる時間を除けばちょっと涼しいんがありがたいね。

 え〜タイトルにもあるように、またしてもひっさしぶりの更新なんですが、今日言いたいひっさしぶりなこと、サッカー。ひっさしぶりに行ってきたんよね、プーマスの試合に。

 
 思い起こせば前回に行った試合はもう1年以上も前の話やって、めちゃくちゃごぶさた。ほんま言うと年間パスでも買って、毎週でも試合を見に行きたいとこやねんけど、なんか機会がないんよね。一人で行くのもなんやしさ。。。

 
 で、現在プーマスは今シーズン(ちなみにメキシコリーグは2期制)のチャンピオンを決める上位チームのみが戦うホーム&アウェー方式のトーナメントの真っ最中。さぞかしファンも気合いが入ってるはず。。。

 
 ところがところがやねんけど、第1戦アウェーでの試合に0−2と負けてしまい、万事休す。これでホームで迎える第2戦を3点差以上で勝たなあかんようになってしまったんよね。これにはさすがのプーマスファンも諦めたんやろうね、おかげでチケットも簡単に購入できたり。

 
 ま〜そんなこんなでスタジアムに行ったんやけど、やっぱしどこか人は少なめ。しかも、今にも雨が降り出しそうな分厚めの雲やし。。。これはあかんな〜って始まる前から敗退した気分で人をかき分け入場ゲートへ。

 
 ゲートではボディーチェックをする前に一人一人の手に液体消毒液をかけ、除菌してからの入場。余談ですが、先々週に野暮用で移民局に行ったんやけど、そこでは入口で全員にサーモグラフィーでの体温チェック&手の消毒&マスクの配布(室内ではみんなマスクを着けなあかかったみたい)など入念な管理をしてたよな〜 インフルエンザ。。。


 で、で、肝心な試合。ほんまに前半はぜんぜんあかんかったんよね。早いとこ1点でも返していかなあかんプーマスやねんけど、全く覇気なし。次第に後ろにいたオッサンのヤジと罵声も強くなって、スタジアム全体にストレスとピリピリ感が。。。そうこうしてたらほんまあっちゅう間に前半終了して。。。試合より前のおじさんのジャケットが気になって気になって。しかもまだワッペンを買うみたいやし。。。015.JPG

 そんでま〜、ハーフタイム中には小雨も降って、冷たい風も吹き、ビールもあんまし進まんようになって、重苦しく後半スタート。。。でも、こっからがすごかった。なんか神がかってた。ビックリするわ。


 ハーフタイムでどんな風に闘魂を注入されたんか、後半開始そうそうにプーマスがまず1点を返すことに成功。死んでたスタジアムが一気に目覚めた感じで大盛り上がり。でも、まだこの時点では私、メキバカ編集部も周りのサポーターも奇跡が起こるとは思ってなかったやろうね。


 1点を返して、勢いづく選手とスタジアムで完全にプーマスの押せ押せペースに。防戦一方の敵陣にどんどん攻め込む攻め込む。そして、途中交代でピッチに登場したパレンシアのゴールでついに2試合合計で2−2の同点に。


 さすがに2点目は地響きが起こるくらいの盛り上がりで、大粒のビールの雨が天から降ってきて、もう残すは逆転のシナリオのみ。ここで守るだけでは後がない相手を尻目に更なるプーマスの攻撃004.JPG021.JPG
 
 そして試合終了も近くなって、このままどうなるんやろ〜?って手に汗握ぎる展開で値千金の今日3点目のゴール。2試合合計で3−2とついについに逆転。さすがにこのゴールにはスタジアムに来てたすべての人が目の前で起きたことを疑ったやろうね。後半一気に3点とは。
012.JPG


 結局、この奇跡のようなゴールラッシュで準決勝にコマを進めることになったプーマス。よくサッカーは2−0でリードしてる時が一番怖いって言うけど、プーマスはそれを実際に見せてくらたんよね 
 いや〜たまにはスタジアムに足を運ぶもんやね。いつも思うけど、生で見るのはぜんぜんちゃうし。この試合はずっと忘れんよ、きっと。次は準決勝、次の試合こそスタジアムが超満員になってほしいな〜 俺もまた行こかな。


  
 
posted by shin at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

メキシコシティーマラソン

 毎度お世話になっております。連日雨のメキシコシティーよりお送りしておりますメキバカです。メキシコに問わず海外に暮らしてるとショックなことって、日本から持って来たものをなくしてしまうことやと思うんよね。

 で、ちょっと前に6年間くらい愛用してた折り畳み傘をタクシーに忘れてしまってん。もちろんそのあと戻ってくるわけもなくで、新しい折り畳みを買ったんよ。しかも、20ペソ(約220円)。安さに満足してたけど、やっぱし壊れた。しかも何もしてへんのに1か月ちょいで骨ボキボキに折れてしまったんよ。その後また地下鉄駅で30ペソの傘を買ってんけど、どうなることやら。。。安もん買いの銭失い。。。やっぱ傘は日本製かな。


 え〜いきなりやけど、フルマラソンやってきました。お題にある、メキシコシティーフルマラソン。今年で25回目を数える国際フルマラソンです。参加エントリー数16000人と言われる中、人込み大好き当メキバカ編集部も紛れておりました。


 この大会、毎年8月の最後の日曜にあるんやけど、思い起こせばこのレースのために今年の1月、正確には元旦から日夜地道に準備を進めてきてたんよね。


 きっかけは、なんとなくマラソンやってみたいってのが始まりで、そっからパンツ買ったり、シューズ買ったりと身の回りから固めて辞められへんようにしながら、ちょこちょこトレーニング。


 もちろん、いきなりフルマラソンってわけにはいかんかったから、10キロのレースから始まり、ハーフマラソンなんかも来る8月末を見据えてやってたんよね。


 で、今回の本チャンのフルマラソンやねんけど、もちろんフルやから、42、195キロ。コースはざっと言うと、ソカロをスタートして、Eje centralを北にガ〜っとグアダルーペ寺院まで行って、そっからまたガ〜〜っとレフォルマ通りまで南に下って、レフォルマをチャプルテペックまで走って、チャプルテペック公園の中をちょっと走ったりしながら、ポランコも寄り道して、AV.Revolucionをガ〜〜〜っと伝ってミスコアックまでさらに南に下って、Felix Cuevasを通ってインスルに入って、そっから今度はダ〜〜〜って再びレフォルマ目がけて北に上がって、レフォルマ、そしてイダルゴ駅周辺をちょこちょこして、ソカロまで戻る。ざっとこんなとこ。


 メキシコシティーの土地勘のある方やと、この長さがわかっていただけるはず。。。42キロってのはここまであるかって感じやよね。ほんまに走る前から疲れてしまうようなコースよ。


 スタートは女子が朝の7時、男子が7時15分。スタート前にはメキシコ国歌斉唱から始まり、まだ夜も開けきらへん中、スタートの号砲。さすがに朝の4時からおにぎり作ってた編集部だけに目は冴えに冴えてたけど、普通はまだ寝てる時間。


 とにかく、スタート後は初フルマラソンやし、ペースはゆっくりめで行こうって思っててんけど、いつもよりかなり体が軽かったから、思った以上に快調なペースでスタート。


 スタートから2キロ程でマリアッチで有名なガリバルディー広場の前を通過。このころには若干太陽が昇り始め、普段は夜に聞くはずのマリアッチ達がレース参加者を軽快な演奏で迎えてくれたり。


 その後、eje1を下にくぐるトンネルでは、参加者が何十人と横になって立ち小便(一度に横に並んでやる人数やったらギネス級やよ)。。。汚すぎるし、というか、始まる前にトイレ行っときーやってって突っ込みたい気持ちを押し殺しつつ、どんどん前へ。


 バシリカ(グアダルーペ寺院)にきれいな朝日が差し込むのを見て、折り返し、いつの間にか気が付けば10キロ地点。体がスムーズに動くだけに時計を見たらタイムは上々。これやったら目標タイムを超えれるな〜〜って軽く考えていた矢先。。。


 6月に出たハーフマラソンで痛めた左ひざがまた痛くなってきて。。。レフォルマ通りに入った17キロ地点でかなり足が重く。チャプルテペック公園に入った20キロ手前でもう完全に左足はアウト。


 左翼のエンジンを失った飛行機はみるみる内に失速して、あとはほんまに左ひざの痛みだけしか記憶になしです。。。マラソンは30キロからってよく言うけど、30キロに着く前にタイムよりも完走が目標にならざる負えんようになってしまったんよね。。。


 しかし、ま〜結果からいくとなんとか完走はしてんけど、ちょっと悔しかったね。せっかく今まで練習して来たのにって。やっぱりもうちょっとタイムがな〜〜って感じ。


 でも、いつも思うんが沿道の人らの声援ね。ほんまに温かいんよ。これまでいろんなレースに出てきたけど、最初から最後までみんな応援してくれる。途中であめちゃんとかくれる人とかもいてほんまにありがたいです(でも、終盤にもらったあめちゃんは包み紙がぜんぜん開かんくて走りながらちょっと苦戦したり)。


 あと、コース中いろんな所で近所の人らが給水ポイントとは別に水を配ってくれてるんやけど、ええんか悪いんか、その中でコーラを入れたコップとか袋を渡してる人がちらほら。まさにメキシコっぽいんやけど。。。走ってんのに炭酸??って感じやよね。でも、列を成してコーラに並ぶランナーを見るのはちょっとおもしろかったり。


 その他に突っ込みたかったんは、買い食い。小学生ちゃうねんから、買い食い禁止とは言いませんが、レース始まって1キロも走ってへんのにもうセブンイレブンに入って買いもんしてる輩。ゼッケン付けてレジに並んでるからまる分かりやし。腹が減る終盤やったらわかるけど、このタイミングで何を買うんやろね?

 
 でもなんですわ、前述の通り完走はしたんやけど、今大会一番ラッキーやったんは天候やよ。やって、ほんまに珍しくその日のメキシコシティーは午前中ずっと曇りやったんよね。やから、温度もさほど上がらず、汗がダラダラ出るっていう展開にはならへんかったんよ。


 ま〜とは言っても、やっぱし標高2200mでやるマラソンは過酷。残念やけど、レース中に一人亡くなりはったみたいやしね。ほんまに一歩も違ったらって感じやよ。


 しかし、次回はタイムにもうちょっとこだわっていきたいね。あと、メキシコシティーマラソンの他に、もう一つメキシコの地方のフルとかも出たいかな〜 兎に角、自分で自分にお疲れさんって言ってあげたいです。。。


 


 

 

 

 
posted by shin at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

映画館でサッカー

  毎度お世話になっております。週末になったらなぜか雨が降るここメキシコシティーからお送りしておりますメキバカであります。ほんまに3週連続やで。金曜土曜とかの雨は若干凹みます。。。


 え〜今年は毎週1本映画館で映画を見ようと目標を立てておりますメキバカ編集部なんですが、半額の水曜日に的を絞って映画館に足を運んでおります。で、この前の水曜やねんけど、何見よかな〜ってネットで映画をピックアップしてたところ、見なれぬタイトルが。。。


 「サッカー、メキシコV.S.アメリカ合衆国」。見ての通り、サッカーの国際試合。それを生で映画館でやるってことです。このスポーツの試合を映画館で上映するって試み、おそらく先日のスーパーボールから始まった大手シネコンチェーンのcinemexの新しい企画。


 確かに、スーパーボールの時もちょっと気になっててんけど、今回の試合はメキシコでも特別な試合やし、ちょっとおもしろそうってことで覗いてみたんよね。。。


 そえやねん、なんでこの試合が特別かっていうと、昨年のワールドカップが終わってから初めてのメキシコ代表の試合。日本はもちろん、世界はすでに2010年の南アフリカのワールドカップに向けて動きだしてるって言うのに、やっとこさメキシコが動きだしたわけです。しかも、ウーゴ・サンチェスを監督に迎えて、メキシコ国民の期待を受け、満を持して宿敵アメリカとの一戦。


 新監督のウーゴ・サンチェスってのは、メキシコ・サッカー界の英雄。日本で言う、ミスター長嶋とか王さんみたいな偉人なわけで、一度や二度、代表の監督やらせとかなあかんみたいな人です(個人的には代表の監督にはどうかな〜と思っていますが)。


 もちろん、選手時代の実績はめちゃすごい。スペインリーグ時代には4年連続得点王を含む、計5回の得点王と、当時はもちろん、現在でも世界最強のストライカーの一人であることは言うまでもない人。さぞかしメキシコ国民は海を渡ったスーパースターのゴールにほんまに熱狂してたことでしょう。


 ま〜とにかく、ウーゴ・サンチェス監督の最初の試合を見るためにチケットを35ペソ(約385円)で購入。普通の映画よりいくぶん高かってんけど、ま〜よし。ユニフォームを持参して気合いもばっちりで、映画館に行くと、俺よりも気合いの入ったメキシコ人達がもうすでに列を成してスタンバイしてて、意外にこの企画、世間に広まってるみたい。


 試合の始まる30分前に開館された部屋は、一番大きなスクリーンのある部屋で、入場と同時にスクリーンにはウーゴ・サンチェスベスト100ゴール(ウーゴール)みたいなおまけ映像が流れ、会場は試合前から大盛り上がり。なかでも、ウーゴの身体能力の高さを示す、伝家のオーバーヘッドは圧巻。


 おまけ映像の後はもちろん、映画館だけに映画の予告。「硫黄島からの手紙」も近日中にするみたい。。。そして、待ちに待った試合へとスクリーンは切り替わり、スタジアムならぬ、映画館は大盛り上がり。気が付けば400人近く入る部屋は超満員。階段に座り見の人もずらっと。


 キックオフ前の国歌斉唱も、半数以上の人らが起立して大合唱。いつもの映画館からは想像できないくらいのシーン。あれほどいっつもメキシコの映画館はやかましいって当メキバカでも書いてきたけど、こういうのはもちろんありです。盛り上がってナンボ。


 で、肝心な試合やねんけど、終止我らがメキシコ代表がアメリカ陣内に入って攻撃を進めててんけど、なかなかシュートまで持って行けずで。。。しかしながら、ウーゴがしょうが無しに召集した感もあるメキシコの番長、クワウテモック・ブランコの冴えたプレーで館内大盛り上がり(彼はここ最近なかなかええプレーしてるんよね)。


 前半はそんな形で0ー0のまま終了。もちろん、ハーフタイムにも映画の予告編があって、やっぱりここは映画館。普段は上映中に立ち歩いたりすんのも厳禁やけど、ハーフタイムやし、みんなトイレやらポップコーン&ナチョスを買うのに休憩タイム。


 で、で、後半。前半に続きメキシコが惜しいチャンスを何本も作ってんけど、全く不発。館内からは声援を超えて、ブーイング&怒号。しまいには、コーナキックから失点。。。ここはなんとか追い付かなとばかりに、攻撃的な選手を次々に入れるもからみ合わず。特にオマール・ブラボーの2、3点決めれたはずのチャンスシーンにはスクリーンを前に激しい罵声。


 結局、終了間際にも審判にボールが当たったナイスアシストによる不運な追加点もあって、2ー0。もちろん、2点取ったアメリカの勝ち。。。せっかくヨーロッパ組も呼んで、現時点でベストのチームにしたのに、敢え無く敗戦やってんよね。ウーゴの初陣も飾れず。。。


 余談ですが、ま〜しっかし、メキシコ代表がアメリカ国内で親善試合を組む理由がわかるね。アメリカ・フェニックスでありながらも半分位、もしくはそれ以上がメキシコのサポーターやったもんね。チケットも高く売れるし、興行的にうまいこといくんやろね。ちなみに、今月末のベネズエラ戦もアメリカ国内であるみたい。


 ま〜ほんまに試合は残念というか、ストレスが溜まる試合やったかな。内容的には勝ってただけに、2ー0という敗戦は痛いね〜。よくつまらない映画をchurro(チュロ:おかしのチュロスと同じ語)って言うけど、結果だけみたら今回の試合はまさにchurroなゲームやったね。


 つまんない映画を見せられたみたいに、試合後はダラダラと頭を下げて映画館から出るメキシコ人達を見たら、さらに疲れたし。。。

 
 でも、ま〜ちょっとスクリーンがでか過ぎて、目が疲れたけど、映画館でスポーツ観戦ってのも館内の傾斜もあってか、なかなかの臨場感。チャンスのときの盛り上がりはほんまにスタジアムにいたみたいやし。またなんかあったら行こかな〜。
 
posted by shin at 06:15| Comment(7) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

メキシコの番長

 毎度お世話になっております。そろそろ雨期に入ろうかというここメキシコシティーです。昼間は猛烈に暑いけど、夕方になるとちょっと雲が厚くなってきて小雨がぱらぱら。雨が降ると、ちょっとは涼しくなんねんけど、排気ガスをいっぱい吸った雨やから、ちょっと臭いねんよね。。。


 え〜久しぶりにサッカーの話題。この前の水曜日(19日)、北中米とカリブのクラブナンバー1を決める試合があったんよね。延長までもつれ込んだその試合、アメリカがトルーカを2ー1と破り、見事今年の世界クラブ選手権への切符を手にしいたんよね。つまり、日本でアメリカの試合が見れるわけです。


 で、決勝に進んだのはともにメキシコのチームとあって、結構盛り上がったんよね。ま〜結果的には誤審で同点に追い付き、逆転に成功したアメリカが勝って、話題性のあるチームが日本に行くんでよかったかな〜っと思ってんけど、トルーカはちょっとかわいそうな結果やったね。


 で、で、その試合の中でもなかなかキレのある動きを見せていたのが、アメリカの10番クアウテモック・ブランコ。彼にとって、この大会の優勝はかなりうれしかったんちゃうかな〜??

 それはなんでかって言うと、彼はあと50日程に迫ったワールドカップのピッチに立つことができへんからやねんよね。そして、その関連でブランコは今、SKY(スカパー)のテレビCMに出てるんよね。そこでは、、、


 街を行くブランコ、あちこちから「ね〜ブランコ、ドイツには行かへんの?」という問いが。それに対して「いや、行かへんねん。でも、あそこにいるから」と答えるブランコ。その問答を3パターンくらい繰り返して、最後に「俺はドイツには行かへんけど、SKYにいるから。。。」

 
 おそらく彼はSKYで放送するワールドカップの試合の解説もしくは、ゲストで出るんやろうね。しかし、かなり自虐的なネタを披露してるよな〜。ワールドカップに行けないことが確定して、すぐに撮影してんやろうね。

 
 そもそもこのブランコ、かなり素行が悪い。暴行事件を起こしたり、代表の試合を休みたいとかでキャンセルなどスキャンダルの絶えへん男。まさしくメキシコの番長。結局、今回の代表監督とも何かと確執があって、かなり干され気味やってんよね。公式な理由は戦術的な理由らしいねんけど。。。


 スペインでもプレーし、アメリカファンには絶大な人気のあるブランコ。熱狂的な彼のファンはブランコを代表に戻せとばかりにデモ行進までしてたもん。しかも極め付けには、ブランコのファンの弁護士が代表に入れなかったことに対する訴訟を起こそうとしてるらしい。この訴訟はブランコは全く関係が無く、単なるファンの行動らしいねんけど、番長のバックはなかなかすごい。


 残念ながら、ブランコは現在33歳。次のワールドカップに行くことはもう厳しいやろうけど、年末の日本で活躍して欲しいもんやね。今後日本のクラブでプレーしたらおもしろいやろうね。ついでにブランコの経営するレストランも日本進出したり。。。
クワウテモックブランコ.JPG
posted by shin at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

試合ニ負ケテ、風邪ブリ返ス

 毎度お世話になっております。ここメキシコシティーからお送りしております、「メキシコ・バカ一代」です。今朝のメキシコシティーの天気は快晴。朝から猛烈な朝日が部屋を襲って、目が覚めました。2度寝したくても暑くてできないくらいです。


 あと、風邪はと言いますと、正直まだ完治に至っておりません。一昨日まで日本から持ってきた使い慣れた風邪薬を使っててんけど、効きが今一つやから、メキシコのコンタックを昨日から飲んでます。しかし、メキシコの錠剤は日本のものに比べて2倍近く大きさがあって、一回噛まな、飲む事ができない。。。


 え〜ほんまは、こんな風邪なんかとっくに治ってるはずやってんけど、木曜日に、とある事がきっかけで、風邪がぶり返してきました。それはというと、ドイツのハノーバーで行われたサッカー・メキシコ対日本です。この試合をテレビで見た方も多いんじゃないでしょうか?


 最近、サッカーネタばっかりやんって言われるかもしれませんが、ここメキシコではサッカーは超人気スポーツ。しかも、日本とまともに試合するんは、おそらく9年ぶりのことで、見ないわけにはいかんし、レポートせなあかんでしょうってことで病床から筆をとりました。


 日本では、夜中に生放送があったみたいやけど、ここメキシコシティーでは朝の11時から放送ってことと、生放送をやるのはSkyTV(スカパー)だけで、さらには生放送の試合を見るには、受信料プラス追加料金を払わなあかんってことで、ここメキシコでは録画中継(地上波)を見た人が多いみたいです。


 でも、せっかく見るんやったら生放送で見なあかんってことで、SkyTVの見れる食堂兼酒場に行ってきました。もちろん、家にはSKyみたいなハイテク機器はないんで、しょうがなかってんけど。


 で、その食堂兼酒場にはちょっと着くのが遅かったんで、試合は前半20分くらいになってたんかな〜 スコアーを見ると日本が1点先制なんかしてたりして。お〜これはええ感じやんって席に着いて、メニューを見るのもめんどくさかったから、無意識にビールを注文。


 まだ時間は午前中ってことで、店内はまばらな人で、メキシコ人客は淡々と1点ビハインドの試合を見つめてる感じやった。その後、メキシコが同点に追い付いた時も、たいして喜ばずに、ちょっと拍手するだけ。


 ま〜よく考えてみたら、メキシコ人はサッカーでは日本なんか敵やと思ってないので。。。事実、メキシコのスターティングメンバーを見ても、主力選手を欠いた1,5軍的なメンバー。ま〜後半の試合展開を見ても分かる通り、メキシコと日本のレベルの差ってのは歴然としたもんやったもんね。メキシコのアナウンサーは日本のサッカーのレベルは数年前に比べると上がったって言ってたけど、世界のサッカーのレベルはそれ以上のスピードで上がってるもんね。


 結局、フォンセカ(メキシコではキキンって言うニックネームで超人気)に2点目を奪われて、敢え無く敗戦。でも、ま〜日本の中継とは違い、もちろんスペイン語放送やから、松木安太郎とかカビラ慈英とかのうるさいコメントもなく、ゆっくり見れてよかった。


 で、一緒に見に行ってたアメリカ人の女の子が試合終了後に、「試合ハ負ケテ残念ヤケド、タマダ(玉田)イズ キュート」ってちょっと興奮気味。また、彼女的には数年前から一番のお気に入りは宮本とか。。。新しいハンサムボーイを発見し、ご満悦なご様子。


 敗戦後、俺は身の危険から(勝手に妄想)、すぐに青い応援Tシャツの上からメキシコ代表のユニフォームを着て、店を出てんけど、通りでメキシコ人からちょこちょこからかわれた。さっきも近所のコンビニに行く途中に、日本の敗戦を祝ってもらったし。。。


 で、家路に向かう時には、敗戦からの疲れもあり、また治りかけていた風邪がご丁寧に戻ってきてくれて。。。ほんまにフラフラやった。調子乗って百薬の長とばかりにビール飲んだのもまずかったかも。。。


 家に着いたら着いたで、メキシコ人からケータイメールにメッセージが。見れば、今晩飲みに行こうって。よく考えてみれば、試合の賭けをしてたな〜って思い出す。負ければビール1ケース分おごるとかいう。。。だいたい最初から日本が勝てる見込みも薄いのに
日本人ってことで日本に賭けんとあかんって言うのも。。。と今さら逆ギレ。もちろんキャンセル。


 そんなこともあり、家でお口直しとばかりに、ちょっと古いけど、ビデオで2002年のワールドカップ・日本対チュニジア(森島、中田が点を取って勝った試合)を見て意味の無い憂さ晴らし。


 ま〜日本にはがんばって次のギリシャ戦に善戦してもらいたいね〜 俺もどうにかこうにか風邪をしっかり治したいもんです。ではでは今日はこの辺で。


対メキシコ戦.JPG
posted by shin at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

想像観戦

 毎度お世話になっております。最近ちょっとブログの更新がごぶさたでした。一応、ネタの方はちょこちょこ書いてたんやけど、先週末はちょっと忙しく、今週に入ってからは風邪でダウン。バカは風邪をひかんって言うけど、38度ちょい出て、久しぶりに寝込んでしまいました。

 いや〜更新怠ってたから、1週間くらい前の話になるんやけど、日本代表がワールドカップ一番乗りを決めたね〜 ほんまによかった。ここメキシコシティーでは日本代表の試合なんかテレビで見れるわけもないから、ネットで観戦。


 インターネットの某スポーツページで1分ごとに出てくるちょっとした経過を頼りに、メキシコ時間の早朝5時過ぎから想像観戦してました。例えば:「前半25分、左サイドを駆け上がった中田浩司のセンタリングを柳沢がヘディングで合わせるものの北朝鮮GKの正面」。。。ってな感じで文章で出てきます。


 試合の展開が早ければ、1分ずつ経過が更新されるねんけど、シュートもなく、こう着した状況が続けば3、4分は更新が滞る。先制点の柳沢のゴールも単に「Goooooal!!!」って出てきただけやったし。若干、早朝から血圧が上昇したものの、文章で読むとかなりあっさりとした感じの試合。


 今頃は日本中が熱狂してるんやろな〜と思いながら、コーヒーを寂しく飲み、いつ出てくるかわからんネット実況をぼ〜っと見てました。もちろん先日貼ってた写真の日本代表応援Tシャツを着ながら。。。でも、ワールドカップを決定付ける大黒の2点目のゴールはやっぱし嬉しかったね〜


 そんな日本の試合から15時間後くらいに、モンテレイでメキシコ対トリニダードトバコ戦があって、ホームのメキシコは2ー0でみごとに勝利し、ドイツまで大手となった感じです。


 あと、こっちのスポーツニュースでほんまのちょこっとだけやけど、柳沢のゴールシーンと国立競技場で熱狂する日本人のニュース映像が流れてました。なんかそこで映像を見て、これでやっと日本がワールドカップに行けるんやって実感しました。


 その昔、ベルリンオリンピックやったっけ?「前畑ガンバレ、前畑ガンバレ」って言うあの名実況を日本国民が夜中にラジオを通して、熱狂したってのは。それから70年近く経って、今やネットを通して地球の裏側でサッカーに熱狂する時代になるとは誰が予想したやろか?



 熱は若干ましになったものの、まだ体はちょっとだるいんで、今日はこんなもんで。

posted by shin at 02:04| Comment(1) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

いざドイツへ!!

 毎度お騒がせしております。毎日見ていただいてる方もいらっしゃるみたいで、ほんまにうれしいです。ここメキシコシティーは猛暑ですが、がんばってこの暑さまで伝えれるように更新していこうと思います。

 しかし、ま〜ほんまに今日も暑いです。麦わら帽子でもかぶって、チャリンコ乗りながらアイスクリームでも売り歩こうかな〜って思うわ。でも、もし俳人の俵万智がメキシコにいたら、「暑いねと話しかけると、暑いねとこたえる人のいるうっとうしさ」って感じで句を詠むかもね。。。

 
 え〜日本では今晩なんかな? 日本対北朝鮮のワールドカップ予選は。日本やタイから遠く離れたここメキシコでは残念ながらテレビ中継はもちろん見れへんのやけど、メキシコ時間の早朝には結果がわかると思うので、ネットで勝利のニュースを見るのを楽しみにしてます。

 
 一応、俺はメキシコにいながらも、日本代表の試合がある日は日本代表応援Tシャツを着て、自分一人で勝手に盛り上がってます。この応援Tシャツはもちろん日本で買ってんけど、来年のドイツワールドカップ仕様って感じで、ドイツ語のロゴが入ってます。


 表はMannschaft Japan(読み方は不明)って書いてて、ドイツ語の辞書で引くと、日本チームって感じの意味。バックプリントはDurchhalten! Japan(やっぱり読み方不明)で、がんばれ!日本って感じでしょうか。なかなかロゴのデザインも気に入ってます。


 で、先日のバーレーン戦のあった日もこの応援Tシャツを着てたところ、知らないドイツ人(たぶん)の女の子がおもしろいTシャツやね〜って突っ込んでくれた。事情を説明したら、お〜なるほどって感じで喜んでた。ちょっと俺も嬉しくなった。


 そして、日本もさることながら、サッカーが超人気スポーツのここメキシコも現在、北中米・カリブ最終予選を戦ってます。この前の土曜日には敵地に乗り込み、グアテマラを2ー0でみごと勝利。ま〜メキシコは世界ランキング6位くらいの強剛やし、北中米カリブっていうグループ的にはワールドカップは出場はほぼ間違いないところ。


 もちろん先日の勝ち点3を加えて、グループ首位をキープ。俺がこっちに来た次の日にあった、地元メキシコシティーでのメキシコ対宿敵アメリカ戦で勝利したんが結構大きかったかも。


 その試合は俺も見に行ってんけど、メキシコシティーにあるアステカスタジアムは相手がアメリカってことで超満員。ちなみに、俺のバイブルって言ってもいいくらいの、『Estadios del Mundo (世界のスタジアム大百科)』には収容人数は驚くなかれ、10万5千人と書かれてます。もちろんサッカー専用スタジアムとしては世界最大(写真をクリック!!)。


 自称世界のスタジアムマニア(旅先ではどこにいっても必ずスタジアムを巡礼)の俺もイタリア・ミラノでサンシーロを遠めに眺めたときは驚いたけど、アステカスタジアムの大きさにはほんまに脱帽です。ま〜メキシコ人気質が反映されてるんか、試合始まる前は結構スタジアムは空席が目立つねんけど、試合が始まりだしてからぞろぞろと人で埋まりだし、ハーフタイム時には超満員。


 スタジアム内では観客全員が監督って感じで、おばちゃんまでもが子どもそっちのけで、フィールドの11人に指示出したり、罵倒したりと。サッカーが老若男女問わず人気があるメキシコならではの風景です。ちょっと甲子園球場に似てるかもね。


 こっちのメディアもここ数日はグアテマラ戦の結果とか明日のホームでのトリニダードトバコ戦に向けてかなり盛り上がってます。ま〜エースのクアウテモック・ブランコがちょっともめてますが。。。


 とにかく、明日の朝がかなり楽しみです。日本には北朝鮮に勝って、世界一番乗りで予選を突破してもらいたいもんです。もちろんメキシコにも予選を突破してもらってワールドカップ本戦で日本対メキシコってのも見てみたいもんです。ま〜今月ドイツで開催されるコンフェデレーションズカップで両国が対戦するみたいやけどね。

 
 とにかく、今晩は日本代表応援Tシャツでも着て寝ようかな〜と思います。Durchhalten! Japan.

 ちなみに、写真左のシャツはメキシコ代表のユニフォームです。17番は人気者の点取り屋、キキン選手のレプリカ。




ユニフォーム.JPG試合終了.JPGハーフタイム.JPGバック.JPG
posted by shin at 06:57| Comment(1) | TrackBack(0) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。