2005年06月06日

17万人ライブ

 いつもお世話になっております。今朝は昨日余ったカレーライスを食べました。よく、キャンプとかで野外で食べるカレーは最高やって言うけど、ここメキシコで食べるカレーも格別です。


 で、今日はほんまは昼から「メキシコ・エロティック映画祭」に行こうと思っててんけど、疲労でキャンセル。この映画祭やねんけど、メキシコ国立自治大学の提供によって超貴重な1920〜1940年代の短編ピンク映画が見れたり、各種ショー(SM,ドラッグクイーン)とかアート、オブジェなどの展示があってかなりおもしろそうやってんけどね〜 しかも、大会運営委員長はスペインのとある有名ポルノスターとかで。。。


 そんなこんなで、疲労の原因は昨日。昨晩はソカロ(400年以上前から重要な式典が行われてる広場)でCAFE TACVBA(カフェタクーバ)の無料コンサートに行ってきました。

 カフェタクーバはメキシコの4人組バンドで、ロック、スカ、レゲイ、エレクトロからはたまたメキシコの歌謡曲、民族音楽まで取り入れて一言では言い表わせんバンドです。また、他のラテンアメリカの曲のカバーとかも有名。メキシコを集約した感じの楽器やリズム、歌詞、どれを取ってもかっこええです。特にちょっと打ち込みが入った曲がさらにかっこええ。俺のメキシコで好きなバンドのベスト3かな。日本でも何枚かはCDが手に入ると思う。


 で、彼らは結成16年目のメキシコシティー出身、さらには最近出した初のライブアルバムがかなり売れてて、そして太っ腹なことに無料ライブってことで人が集まらん訳がない。8時半がライブ開始ってことで、5時過ぎにソカロに着いいてんけど、もうかなりの人集り。


 この前行った、同じくソカロで行われたメキシコ出身の世界的ギタリスト、カルロス・サンタナのライブは13万人集まったからそれを見越して行ってんけど、もう遅かった。。。

 
 なんとか人をかき分けてまん中の方へ入って行ってんけど、開始3時間前にはみんなエキサイトしてて、缶やらペットボトル(もちろん中身入ってるやつ)とかゴミとかが空中を飛び交ってて、戦争状態。当たったら、また投げ返すって感じで。始まる前にかなり濡れたしな〜 もちろん参戦させてもらったけど。


 後ろにいた女の子なんかビールの空き缶が直撃して、ビールでびしょびしょになってたし。彼氏に肩車された女の子は邪魔やとばかりにゴミの集中攻撃。ほんまに玉入れみたいな感じでゴミ投げが。しかも、動き場所もないくらいギュウギュウで、避けるにも避けれんし、後ろから飛んで来る缶とかに反応できんしね〜 とにかくヘルメットがいるわ。 ま〜でも、みんな偉いことにビンは投げへんかったわ。。。


 で、開始2時間前には相当広い広場やねんけど、ソカロは人がぎっしり。まだまだ周辺からは人が洪水のように押し寄せて来てて、見てても壮観やった。そのころ肝心のカフェタクーバも大統領みたいに何台もの白バイに先導されながら真っ黒のバンで会場入り。


 別に日本のライブみたいにブロック指定とかもないし、とにかく始まる前から圧死しそうやったし、汗だく。何回も将棋倒しになりそうになったりともう大変やった。でも、そんな状況を考慮したんかメキシコのライブでは珍しく、ライブはほぼ定時に開始された。俺の読みやったら9時過ぎかな〜って思っててんけどね。


 とにかくライブ開始からヒット曲のオンパレード。ほんまにベスト盤って感じやった。でも、残念ながら人が多すぎるし、押しくらまんじゅう状態で歌ってる姿もほぼ見えんかったし、大きなスクリーンも数カ所あってんけど、それも微かに見れた程度。何人かビッグゲストが来てたみたいやけど、見えんし、まったくわからんかった。


 とにかくソカロ全体がスカ・パンのイベントみたいに飛び跳ねるわ、踊るわ、暴れるわでソカロの石畳もものすごい地響きやった。ほんまにファイトクラブ状態。俺もまだ細かい歌詞の意味はよーわからんけど、みんなでどの曲も大合唱。しっとりした曲とかもよかったし。


 途中何回か救急車とか入って来てたけど、全く意味がないというか、逆にやんちゃな子らが救急車につかまって山車みたいになってた。ソカロにはメキシコのカトリック教会の総本山であり、ラテンアメリカ最大の教会があんねんけど、その晩だけは若者のエネルギーの放出会場になってた。


 あと、ちなみに、ソカロの周りには高級なホテルとかがあってそこの窓から涼し気に見る小金持ちもけっこういてんけど、もちろん会場中からものすごい罵声を浴びせられてた。それもかなりおもしろかった。


 結局、終わってみればアンコールも含め、30曲くらいはやったし、3時間の長いコンサートやった。俺の好きな曲も全部やってくれたし、ほんまによかった。ちなみに、主催者発表では会場に集まった観衆は17万人。どうやって数えたかわからんけど。。。でも、ほんまに見た目は何年か前のGLAYの20万人ライブ並やった。 


 終わった頃にはソカロどころか周りの路地の路地まで全て人で埋まってて、帰るにも帰れん状態。警察も特に誘導するわけでもなく、ただただ群集を眺めるばかり。もちろん地下鉄ソカロ駅はクローズ。しかたなしにだいたい17万人の人々はダラダラと他の地下鉄駅へ。でも、やっと駅に着いたころには12時過ぎてて地下鉄は終電。バスも満員。タクシーはぼったくりで。。。


 しょーないからってことでソカロから歩いて家まで帰った。でも、相当の人が俺よりもっと遠くに帰るみたいで、大通りには巡礼のごとく若者のの列が先へ先へと目指して続いていってた。とにかく、家に着くと疲れ果てたようにソファーに倒れ込んだわ。でも、ソカロから家まで歩いて帰れるってのが今の住んでるとこの強みやな〜って思った。



ライブ0.JPGライブ1.JPGライブ1、5.JPGライブ4.JPGライブ5.JPGライブ6.JPG
posted by shin at 07:02| Comment(3) | TrackBack(1) | おんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 楽しく黙読させてもらってます。これを見るたびに、早く内定をもらって海外に飛び出したいな、っていう気持が込み上げてくるわ。順調にいけば八月ぐらいには、最終結果がでる予定。柄にも無く、神社にお参り行ったりしてしまった。ワラをもすがるおもい、とはまさに俺の今の状態や。まさにアイゴー!!
Posted by 山西 at 2005年06月06日 11:41
 どひゃあ!!すごいっすねえ!!日本ではこんな人数の無料ライブなんてないし!懐かしいなあ。私、コンパイ・セグンドをソカロに見にいきましたあ!!
 あのソカロライブ、意外にいい人がくるんですよねー☆うらやましい。
Posted by Tomokina at 2005年06月06日 23:51
カフェ・タクバ!懐かし〜〜!
コスタリカに住んでたとき(もう8年も前かよ!)もはやってて、そんときCD2枚購入したんだよね。実家のどっかに眠ってるはず。帰国したらぜひ聞いてみよう。
でもいいな、ライブ!さぞかしもみくちゃにされたことでしょう(笑)。お疲れ様でした☆
Posted by kiyomi at 2005年06月07日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

PINCHE CORAZONZOTE LATIENDO EN EL MEDIO DEL PAÍS
Excerpt: 今から16年前の1989年EDO.MEXICO(メキシコ州)のNAUCALPANで結成されたCAFÉ TACUBA 今やメキシコを代表するグループのひとつ。そんなCAFÉ ..
Weblog: 快楽主義 PARA GOZADERA
Tracked: 2005-06-25 05:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。