2009年02月06日

3週間の大作

 毎度お世話になっております、メキシコ・バカ一代です。今年に入ってからちょこっと更新さしてもらったおかげで、当ブログなんとブログランキング47594位に順位を上げることに成功しました。これもいつもご愛顧いただいている皆様のおかげです。この調子で今年は更新ペースを上げていきたいところであります。

 え〜それでなんですが、前回の続きというか、まだ去年の師走の話。。。この前も書いたんやけど、メキシコシティーで一番大きな市場に行って、ま〜いろいろな海の幸を買出ししたんよね。

 で、そん時のメインターゲットがボラの卵。。。せやねん、あのカラスミの原料よね(ネットなんかで後で調べると、カラスミは他にもブリとかタイの卵なんかでもできるみたいやねんけど、やっぱしボラの子で作るんが王道でしょう)。

 このボラの卵、メキシコでは別にポピュラーな食材ちゃいます。後日聞いた話によると、メキシコではボラの卵をそのまんま焼いたり、揚げたりするらしいんやけど、我が家の食卓に上ったことは一度もないし、ましてや外の食堂なんかでもボラのボの字も見たことがないんよね。

 それでかどうか知らんねんけど、この卵、ほんまに安かったんよね。前回もちょこっと触れましたが、やっぱしカラスミ用に買うってことで、大きめのを選ばしてもらったんやけど、1キロで180ペソ(今やったら1300円くらいかな?)。小ぶりのものはさらにお求めやすく、150ペソやったもんな〜。

 とにかく、今回は初挑戦、カラスミ・デビューってことで1キロだけ購入(だいたい10房ほど)。そんで、早速お友達からのアドバイスを
いただき制作開始。。。

 まずは、塩漬けとのこと。。。
karasumi2.JPG
 1週間冷蔵庫に寝かして。。。

 そんでからちょうど1週間塩をしていた卵を1,2時間かけて水にさらして塩抜き。そこから酒(今回は少々ケチって料理酒を使用)をしっかり浸かるくらいまで注いで、また1週間冷蔵庫へ。

 ここまで2週間もの時間を愛情を持ってボラの卵からカラスミへの変貌を見守り、いよいよラストの干しの作業へ。
karasumi1.JPG
 ↑こんな風に日中は外にぶらさげ、夜は再び冷蔵庫にしまって重しを乗っけて成型。。。それを繰り返すこと、またまた1週間。。。

 ついについに、メキシコの乾燥した気候が生んだ、カラスミの完成(ちょっと商品っぽく真空パックに)↓
karasumi3.JPG

 いや〜ブログでしゃべると数行ですが、3週間はほんまに長かった。。。もう食べれるんちゃうか、もう食べれるんちゃうかって待ち続け、注ぎ続けた愛情の甲斐もあって、初めて作ったにしては、なかなかの出来栄え。

 年末にいつもお世話になっている方へのご贈答としても評判もよく、もうちょっと仕込んどいたらよかったな〜っとちょっと後悔したり。でも、日本のデパートとかで買ったら、一房5000円くらいはするんちゃうんかな?(勝手な想像ですが。。。)それがここメキシコシティーで作れば、ほんまに安くできるんよね。

 これからも無いもん、高いもんは自分で作っていかなあかんな〜っと心に誓ったのでありました。。。

 
posted by shin at 01:46| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。