2007年05月31日

シャキーラ、シャキーラ(2)

 毎度お世話になっております。ええ感じで涼し気なここメキシコシティーの夜からお送りしておりますメキシコ・バカ一代です。いやはや、買ってへんのでこんな話をしてもしょーないんですが、先ほどメキシコのとある宝くじで繰り越し金が溜まって445万ペソ(50億円弱??)が当たるって抽選をやってたんよね。

 一人だけが当選したら総取りってやつやねんけど、ほんまにすごいね。くじ売り場に結構な人やったもん。みんなとは言いませんが、宵越しの金は持たないメキシコ人、50億とか当たっても、貯金もせずにパ〜ッと使ってもらいたいもんです。。。


 え〜お題の通り、コロンビアというか、今やラテンアメリカ最大のアイドル歌手、シャキーラのお話。以前も書いたんやけど、またシャキーラがメキシコに来てて、ライブしてんよね。しかも、メキシコシティーの中心、ソカロで。しかもしかも、無料で。


 この前の日曜日に行われたこのライブ、俺の知る限り、ライブの3日くらい前に世の中に告知されたんちゃうかって程、急に決まったイベント。去る15日にはこの前のVIVE LATINOも行われたForo Solで有料でコンサートやったにも関わらず、またまたメキシコにいらっしゃったシャキーラ嬢。


 噂ではメキシコの海賊版のCDの売り上げナンバー1のシャキーラだけに、集まった人、20万人余り(どうやって数えてたんかは知らへんけど)。これはおととし、当メキバカで総力取材でお伝えしたカフェタクーバのソカロ無料ライブ(17万人)を抜いて、メキシコ最高記録のライブになったらしいんよね。

 
 他にも以前に、ソカロではチャヤーン(プエルトリコ)やらアレハンドロ・フェルナンデス、サンタナとかが10万人以上動員する無料ライブをやってきててんけど、やっぱしシャキーラの人気はそれ以上のもんやったってことです。


 で、で、無料という言葉に敏感&非常に弱い、メキバカ編集部も日曜日の夜ってことで若干腰が重かったんですが、ダラダラと見物に行ってきたんよね。。。

 
 ま〜ほんまにダラダラ行ったんで、コンサートの開始時間より30分以上遅れてて、完全に遅刻やな〜って思っててんけど、さすがここはメキシコ。ソカロ付近に到着したと同時にイベントが始まった感じで、ラッキー。やっぱし編集部、さすがにメキシコ時間が体に馴染んできた様であります。


 ライブの中身と言いますと、はっきり言って、去年の10月に行ったライブと全く一緒の演出やってんよね。下手したら曲順も一緒ちゃうかなって思うくらい、同じ踊り、同じ衣装やったような。


 でも、何がちゃうかったって言ったら音なんよね。音響。Foro Solとええ、前シャキーラがコンサートしたPalacio del deportesとええ、最近は海外の大物アーティストがライブに来るとこやのに、音が今一つというか、ぜんぜんよくないんよね。

 で、このソカロ(憲法広場)、四方を国立宮殿とか大聖堂、ホテルなんかで囲まれてるもんで、音がええ具合に響くんよね。音響のことは詳しくはわかりませんが、素人耳にしてもパラシオなんかよりははるかにええです。


 肝心のシャキーラやねんけど、遅く着いたってこともあって、もちろんステージよりもず〜〜っと遠く、ソカロから半ブロックくらいのとこから見てたんで、米粒くらいにしか見えへんかって、ほとんど大型スクリーンでの鑑賞。


 ま〜スクリーン通してだけやって、ショーの内容も全く同じやってんけど、全曲みんなが知ってるヒット曲だらけで、無料ながら2時間近く歌い続けた太っ腹なシャキーラのおかげでなかなか楽しめたかな。


 ライブの締めは予想通り、Hips don`t lie(邦題の『オシリは嘘つかない』のネーミングセンスを疑ってしまいますが。。。)やって、大満足で再び、ダラダラと歩きで帰ってってんけど、帰り道には無数のシャキーラのグッズの露天が。


 勝手にShakira(シャキーラ)とかプリントしたTシャツやらマグカップ、ポスター、海賊版のCDなんかがやたら溢れてて。ま〜コンサートではいっつも見る光景なんやけど、せっかく無料でコンサートしてくれてたのに、その恩を忘れて、店にみんな群がってコピー商品を買ってるんよね〜。。。

 いやはや、シャキーラ様、ほんまにお疲れさまでした。ほんまにええ人ですよ。


posted by shin at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

メキシコ最大の野外フェス 〜07

 毎度お世話になっております。最近、若干エンゲル係数が高めの日々を過ごしておりますメキバカ編集部です。しっかし、夜がちょっと蒸し暑いんよね〜。ま〜窓開けて寝てたらええねんけど、今度は蚊が入ってくる。ということで、蚊取り線香なんかを焚いて寝る
夜が続いてます。。。

 え〜この前の週末やねんけど、、、今年も行って参りました。今年も「VIVE LATINO(ビベ・ラティーノ)」。そう、去年もこれをネタにさしてもらってんけど、年に一度この時期に行われるメキシコ最大の野外音楽フェス。


 去る5月5日、6日に2日間に渡って、今年も超豪華、10か国(だいたいはメキシコ並びにラテンアメリカからやねんけど、イギリスとかスペインなど)、約70組のアーティストを招いて開催されました。


 去年は2日間で12万5000人を動員したらしいねんけど、今年はなんか去年より遥かに人が多かった様な感じやってんよね。もちろん、今年もメキシコシティー東にある野球場、Foro Solを会場に大小3つのステージを設置して、大盛り上がり。


 大モノではCafe Tacvba、El Tri、Zoe、Fobiaを始め、KINKY、ベネズエラの超人気ファンクグループLos Amigos Invisibles、イギリスからはレゲーマンSteel Pulse、あと、去年なんやかんや賞を総取りしていったプエルトリコのCalle 13などなど。他にもメキシコの若者から支持され、愛されロックやパンク、エレクトロとおかまい無しのラインナップ。


 ただちょっと不満やったんが、これだけすごいメンバーを集めたのになんかプログラムの振り分けが今一つ。人気グループが日曜日に固まった感じで、時間がかぶったりで見たいアーティストをいくつか見逃してしまったのが心残り。。。


 ま〜土曜日に関して言えば、知らへんグループがよーさん来てたんで、ちょこちょこ味見といった具合に新しい好きなアーティストを開拓することができてよかってんけどね〜。


 でも、今年はほんまにメキシコのライブって感じやったVIVE LATINO。どのステージもめちゃくちゃな人やっておもろかってんけど、いったんゴミの投げ合いが始まったら、収拾つかんくらいエキサイト。


 メキシコのストーンズ??(ちょっとちゃうか。)超大御所El Triのライブではステージ場で煽ったんもあるんやけど、ゴミの雨あられ。ほんまに上から嵐のごとく紙コップやら紙屑が飛んできてんよね。ま〜ビンとかペットボトルは持ち込み禁止で紙コップやからたいして痛くないんやけど、中にビールが入ってようがおかまい無しなんがここメキシコシティー流。


 あんなに人が密集してるっていうのに、何十回とゴミが頭に命中するんやから物凄い確率。。。靴なんかも飛んできたし、野菜サラダセットが頭に当たったり。ほんまによーケンカにならんで、しかし。ほんまにみんな当たったもんは前やら後ろに再び投げるという、自転車のサドルを盗まれたら、他の自転車から拝借すると言う連鎖に似た感じで。。。


 とにかく、空がゴミで覆い尽くされるんちゃかってくらいに降ってきたんやけど、それではもの足りず、KINKYのライブ中にはアホな子らが人密集してるってゆーのにじゅうたん(Foro Solは野球場で人工芝のグラウンドの上に傷まん様に黒いじゅうたんをかぶせてる)に火付けて、黒煙が出るまで燃やしてたり(写真をクリック)。


 さすがに火が激しくなって警備員が山ほどやって来て消火してんけど、そのあとは消火用のホースも奪われ、大量のシャワーとなって群集の恵みの雨になったり。ほんまに来年はこの会場使わしてもらえへんでって感じに好き放題。


 また、巡回とかで警察とか警備員が入ってきたものなら、ほんまに物凄いブーイング。ゴミ投げられたりすんのは当たり前で、帽子を奪われるかわいそうな警官まで。ほんまにご苦労さまです。いやはや、群集の力というか心理はほんまに時には度が過ぎるね。


 ま〜火事だけは困ったもんやけど、グラウンドとスタンド対抗のゴミの投げ合い&罵声の掛け合いとか、メキシコ名物の人間トランポリン(大きな布を14、5人で持ってトランポリンの要領で人を宙に飛ばす。女の子やったら5m近く宙に浮くことも)でのダイブなんかはほんまにメキシコっぽくて大好き。


 ほんまに前で熱狂的に飛び跳ねるもよし、ゴミを無差別に投げまくるもよし、フェス名物のタコスを肴にビールを飲んでゆったりとスタンドから観戦もよし、ほんまに自由なスタイルで楽しめるんがこのVIVE LATINOのよさ。グッズにビールとほんまに編集部も散財してんけど、あの12、3万人の胃袋と肝臓を満たす量を販売した売店もめちゃくちゃすごいね〜 商魂逞しいです。


 で、で、今年のみんなの一番の目玉はやっぱしCafe Tavba(カフェ・タクーバ)。カフェタクーバは全グループの中で一番長い一時間半のライブやって、他のアーティストは絶対やらんかったアンコールもしっかりやらせてもらった人気ぶり。大雨が降ったにも関わらず、ぎっしり野球場のグラウンドもスタンドも埋めた観客に熱唱させ、踊らせたんは相も変わらずほんまにすごいね。でも、でも、このグループ大トリではなかってんよね。


 そうなんです、この2日間に渡る最大のフェスを締めくくった大トリは先ほども紹介したベネズエラの超人気グループ、Los Amigos Invisiblesやってんよね。何を隠そう、編集部、彼らを一度も見た事なかって、今回一番見たかったバンドやってんよね。


 でも、ちょっとおもしろかったんが、カフェタクーバが終わった後に満を持して出てきた彼らのライブ。しかし、カフェタクーバのライブが終わったのがもう10時半を過ぎた頃。あんだけ見える限り人、人、とすし詰め状態やった会場がど〜〜〜っと人が抜けて行ってんよね。まるでイベントが完全に終了したかのごとく。


 で、残ったんが見た目で1、2万人くらいと、祭りの後を示す大量のゴミ&じゅうたんが至る所ではがされ、人工芝の緑をむき出しにした荒れたスタジアムのみ。Foro Solって野球場はこんなに広かったんかって初めて気付いた瞬間やってんよね。


 でも、あの光景は1969年のウッドストックで時間が押しに押して月曜の朝に出てきたジミヘンのライブの映像にどことなく似てる感じで。。。これから、残った人だけが楽しめる秘密のライブ。


 グラウンドに入れへんかった人たちが続々とスタンドから流れ込み、まだVIVE LATINOは終わってへんでとばかり勢いよくLos Amigos のライブがスタート。出だしからLos Amigos 節炸裂のファンキーミュージックに、もう全員がダンス。


 瞬く間に、友達、知らん人と関係無しに肩を持って長い長い人間列車が残った群集の間をかき分けて行くんよね。ほんまに人類みな兄弟といった愛と平和に満ちたノンストップのステージとグラウンド。まさに踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らなそんそん。


 こんな時間が一生続けばって思うくらいの、笑顔だらけの一体感。ほんまに帰っちゃった人はもったいないって勝手な優越感に浸りながら、音楽が鳴り止むまで笑って、踊ったステージやってんよね。最後の登場にして今回のベストアクトでしたLos Amigos Invisibles。


 いや〜ちょっと長々と書いてしまいましたが、ほんまに今年も楽しかった。めちゃくちゃやで〜って突っ込みどころも満載やったし、ええ音楽聞けたし、ビールもうまかったしで。来年ももっとたくさんのアーティストが来て、もっともっとたくさんのオーディエンスが来たらええな〜って思いながら、ダラダラと長い列で歩きながら帰ったのであります。

 でも、こんだけスタジアムを荒らして、来年も貸してくれるんかが心配ですが。。。


vl-2.JPGvl-5.JPGvl-3.JPGvl-8.JPGvl-10.JPGvl-9.JPGvl-13.JPGvl-14.JPGvl-15.JPGvl-16.JPGvl-18.JPGvl-20.JPG
posted by shin at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | おんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

これがメキシコシティーなんよ 〜夜編

 毎度お世話になっております。月刊メキシコ・バカ一代化し始めてて、若干焦り気味のメキバカ編集部であります。。。そう、ここメキシコシティー、なんか雨期が始まったみたい。昼過ぎやら夕方に雨がよー降る。しかも、シトシトと雨が降るんよね。これから本格的に折り畳み傘が必要な季節になりそうやわ。


 え〜ネタは豊富なんですが、更新してへんからネタの在庫超過気味。。。ってことで、後手後手ですが、またちょっと古い話。


 だいぶ前にも書いたと思うんやけど、またラテンアメリカタワーに登って参りました。前回は、昼間に登ったときの話やってんけど、今回は夜。メキシコシティーでも屈指の高さを誇るラテンアメリカタワー(44階建て)に登って、メキシコシティーの夜景を眺めてきてんよね。


 このラテンアメリカタワー、昼間登って街を見渡してもらいますと、メキシコシティー名物のスモッグで真っ白なモヤが街全体を覆っております。メキシコシティーの街を一望してやろうと意気込んで登ったものの、まともに見えるんは近くのビルばっかりで、全体的にどんより。


 ま〜俺はそんなとこが大好きやねんけど、せっかく登ったのに、やっぱし残念やよね。ってことで、街全体を見渡して、このメキシコシティーを端から端まで眺めてやろうって思いの方には、夜がオススメ。


 ここ、夜は10時まで登れることになってるんで、ゆっくりと100万ペソ(ちょっと少ないか。。。)の夜景を楽しむことができるんよね。展望専用エレベーターに乗って、着いたとこからさらに2階分の階段を上がり、出た先にはちょっと冷たい夜風とほんまに驚く様な夜景がガ〜〜っと広がってるんよね。


 思えば、初めてメキシコシティーに着いた時も夜で、到着直前の飛行機の窓越しに見たのと同じ夜景が再びラテンアメリカタワーの頂上で目に飛び込んできて、うわ〜って感じ。

 この光の中に何百万人という人が力強く暮らし、そして自分もいるって考えたら、ほんまに鳥肌もんです。とにかくほんまに圧倒される景色なんよね。展望台をゆっくり四方周り、あそこになになにがあるとか、考えながら見てたら、ほんまに何時間いても飽きんね。


 昼間はぼやけてよー見えへんかった、山にびっしりと貼り付く様に立つ、ちょっと鈍い光を放つ家々を眺めてると、メキシコシティーは山に囲まれた盆地にある大都市やと再び気付かされる。


 メキシコに来て、一番最初に訪れたとこがこのラテンアメリカタワー。ま〜まだわからんけど、もしもいつか、メキシコを離れることになったら、一番最後はこのタワーに登ってまたこの景色を眺めたいもんやね。


 
夜景3.JPG夜景5.JPG夜景2.JPG夜景7.JPG
posted by shin at 08:34| Comment(5) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。